カミングアウトのポイント

【失敗しない】カミングアウトのポイント【職場編】

FTM 職場 カミングアウト

戸籍上は女性だけど、男性として就職したい。
でも、会社の人にどう伝えればいいかわからないや…

【deidei】

常にどこに行っても自分のセクシャリティをオープンにしている方でない限り、
就職する際にカミングアウトするかは、FTMの悩みの一つですよね。

職場での人間関係は、仲のいい友達との関係とは少し違うため、気軽にはカミングアウトしづらいかもしれません。

ですが、週のほとんどを職場で過ごし、それが何年も続くと考えると、ストレスなく働ける環境が良いですよね。

  • まだ戸籍の性別を変更してないけど、男として扱ってもらいたい...
  • 戸籍の性別は変えているけど、人前で着替えしたりするときにばれないかどうか心配...

など、ストレスを感じる可能性があるなら、カミングアウトして希望する働き方を伝えることも考えてみてください。

今回は、私が実際に就職面接でカミングアウトしたり、男性として働いている経験から、職場でカミングアウトするときに気を付けていることを紹介します。

【注意点】
カミングアウトの仕方は人それぞれで、正解はありません。
相手との関係性によっても変わります。
あくまでも、私の場合はこうしてました!という例として、参考にしてもらえると嬉しいです。

面接段階で少数にカミングアウトする

あまりLGBTの当事者に接する機会のない人は、
初対面の時に女性だと紹介されたのに、途中から男性として扱ってほしいと言われると驚くことが多いです。

同僚を混乱させないために、初めから男性として働きたいのであれば、就職面接でカミングアウトするのがおすすめです

面接でカミングアウトすると、採用されないんじゃないかと心配な方は、内定をもらってからカミングアウトしてもOKです

FTMであることで内定取り消しにあった方もいるようですが、
そのような理由で内定取り消しすることは、法的に許されていません。

もし内定取り消しになってしまったら弁護士などに相談してみてください。

就職面接の時や内定をもらった後のどちらのタイミングでもいいですが、ポイントは働き始める前にカミングアウトするということです。

してほしいことをリストアップする

職場でカミングアウトをするということは、何か対応してほしいことがあるからする場合がほとんどではないでしょうか。

今までFTMに会ったことがない人は、どんなところに困るのか分からないことがほとんどです。

こちらからわかりやすく説明する必要があります。

そのためには、あなた自身が、仕事をする上でどんなことに困るのかを考えて、書き出しておくといいです。

会社でしてほしいことリストの例はコチラ

  • 更衣室、トイレなど男女で分かれている設備は、男性用を使用したい
  • 制服は男性用を使用したい
  • 通称名を使用したい

希望する対応をしてもらえると思わない

対応してほしいことを伝えても、すぐに希望する対応してもらえるかはわかりません。

LGBTフレンドリー企業であれば、前例があったり、社員がLGBTに関する研修をしているなど、FTMを受け入れる準備ができています。

そうでない会社の場合は、その対応をしてもほかの社員に影響がないかを検討しないといけません
検討した結果、更衣室は女性用を使ってほしいと言われることもあるかもしれません。

※LGBTフレンドリー企業:社内規定や福利厚生などの制度面でLGBTに配慮した取り組みをおこなっている企業のこと

カミングアウトした時、すぐに受け入れてもらえそうになくても落ち込まないでください。

もし、相手がFTMのことをよく知らない場合、あなた自身がどんな状態なのか、一般的にはどんな対応をしているとかを説明することで分かってもらえることもあります。

知り合いのFTMは、カミングアウトするときに、LGBTについての書籍に付箋を貼って渡したところ、わかってもらえたようです。

全員に知ってもらう必要はない

カミングアウトした時に、「みんなの前でも話してほしい」とか、「社員全員に伝えてもいいか」と言われることがあるかもしれません。

ですが、同僚には絶対に知られたくないのであれば、拒否しても問題ありません

カミングアウトは強制されるものではないからです。

現在は、本人の意思に反してセクシャリティを他人に言う【アウティング】はパワハラ防止法で禁止されるようになっています。

※アウティングの禁止についての参考記事はコチラ

ほかの同僚に知られたくない場合は、履歴書の管理も注意したほうが良いです。
履歴書に記載している卒業校が女子校だったり、女性的な名前を書いている場合、そこからもバレる可能性があります。

もちろん、通常はきちんと管理されているものですが、小さい規模の会社などでは、ほかの社員が見れるようになってることもあります。

履歴書に関しては、日本で広く使われている履歴書の性別欄の削除を求める署名を提出し、不要な性別欄をなくすようになってきています

※履歴書の性別欄削除についての参考記事はコチラ

入社する前にカミングアウトする予定があるのなら、氏名欄に通称名を記載してもいいかもしれません。

※履歴書の書き方についての参考記事はコチラ

まとめ

ということで、今回は以上です。

職場でカミングアウトするときに気を付けていることはコチラ

  • 面接段階で少数にカミングアウトする
  • してほしいことをリストアップする
  • 希望する対応をしてもらえると思わない
  • 全員に知ってもらう必要はない

長い時間を過ごす職場だからこそ、ストレスなく過ごすためにはどうすればいいのか。
そのためにはどんな環境があればいいのか。

しっかり自分自身と向き合って答えを出してほしいと思います。

一方で、職場には自分以外の人もいることを忘れないでください。
もしかしたら、あなたが男性更衣室を使うことでストレスを感じる同僚がいるかもしれません。

自分さえよければいいと考えずに、お互いにどうすれば気持ちよく仕事ができる環境を作れるのか、歩み寄って考えることが一番大切だと思います。

ーーーーーーーーーー

これから就職する方や、職場での悩みがあるFTMの方にはこちらの本がおすすめです!

LGBTフレンドリー企業に関する情報や、LGBTならではのインターンシップ・エントリーシート・面接・入社後の悩みに関するアドバイスが紹介されています。

安心して仕事に取り組める環境を作りたいなら、ぜひ読んでみてください。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

LGBTの就活は、当事者の抱えている悩みが多様であることからも、1つ1つのストーリーに耳を傾けることがとても大切です。

こうした背景から生まれたのが、「現場からは以上です🌈」
現場から企業への社内報として、就職活動や実際に働いた経験のある方などが、ご自身の声に想いを乗せて当事者へ、企業へ、社会へ届ける音声コンテンツです。

私、deideiもプロジェクトに参加してます!
【No.5の1部】男性、女性どちらで就活するのか

これから就活をされる方、企業でLGBT対応をされる方はぜひのぞいでみてください。

「LGBT就活の現場の声を吸い上げるアンケート」も現在募集中です。
質問は全部で16項目。必須項目(1・2)以外は、該当する質問項目のみの回答が可能です。自由記載のみの回答も行えます!誰にも言えない、聞くことが出来ない想いをこちらで受け取り、未来へ繋げます。

>> 「現場からは以上です🌈」はコチラ

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。
関連記事