セクシュアリティ診断テスト

簡単にできる!【性別違和チェックテスト】

性同一性障害 性別違和 診断テスト

性別が女だから、女として生活してるけど、本当は男として生活したい。
性同一性障害なんじゃないかな…

【deidei】

生まれた時の性別に違和感がある方、周りと違うことで悩んでる方には、性別違和・性同一性障害チェックテストがおすすめです。
ここではFTMである私もやってみた結果を紹介しています。

DSM分類による性同一性障害(性別違和)の診断テスト

自由が丘MCクリニックのホームページで掲載している『性同一性障害、性別違和の診断テスト』はコチラ

自分の性に関する以下に8項目あります。その人が体験し、または自認する性(ジェンダー)と、元の性との間に著しい不一致が、少なくとも6か月、以下の項目のうち6つ以上が当てはまる場合には、性同一性障害の可能性があります。

⑴反対の性になりたいという強い欲求、または自分は違う性であるという主張

⑵男の子の場合(MTF)、女の子の服を身につけること、または、女装を真似ることを強く好む。
また、女の子の場合(FTM)、典型的な男性の衣服のみを身につけることへの強い抵抗を示す。

⑶ごっこ遊びや空想遊びにおいては、反対の性の役割を強く好む。

⑷反対の性に定型的に使用されたり、または行われたりするオモチャやゲーム、またはその活動を強く好む。

⑸反対の性の遊び友達を強く好む。

⑹男の子の場合(MTF)、男の子に典型的なオモチャやゲーム、その活動を強く拒み、乱暴で荒々しい遊びを強く避ける。
また、女の子の場合(FTM)、女の子に典型的なオモチャやゲーム、その活動を強く拒む。

⑺自分の性器の外観、構造を強く嫌う。

⑻自分の体験する性に合う第一次および/または第二次性徴を強く望む。

出典:性同一性障害、性別違和の診断テスト
―自由が丘MCクリニック

『強く好む』、『強く望む』、『強く嫌う』、『強く拒む』など、『強く』思ってるかどうかが一つのポイントなのかもしれません。

ここからは、私がチェックテストをしてみた結果をご紹介します。

第1問

反対の性になりたいという強い欲求、または自分は違う性であるという主張

【はい】

私の場合は、生まれた時の性別が女性だったため、反対の性である男性になりたいと思ってました。

ただ、男性になりたいとは思いましたが、男性であると思ったことはありません

この違いは大きいです。

同じFTMの話を聞いてると、幼いころ自分のことを男だと思っていて、いつか”ちんちん”が生えてくるんだと思ってたって方もいます。

その話を聞いたとき、同じFTMでも私とは違うのでびっくりしました。

幼いころから自分のことは女性だとわかっていたし、生理が来た時も胸が膨らみ始めた時も、なんで自分は”ちんちん”が生えてないんだろうとは思ったことないです。

だから、自分は『男性である』のではなく、『男性になりたい』という気持ちが合ってるかな。

第2問

男の子の場合(MTF)、女の子の服を身につけること、または、女装を真似ることを強く好む。
また、女の子の場合(FTM)、典型的な男性の衣服のみを身につけることへの強い抵抗を示す。

【はい】

『典型的な男性の衣服のみを身につけることへの強い抵抗はありません。』
この文章はちょっとよくわからないので、

×
『女の子の場合(FTM)、典型的な男性の衣服のみを身につけることへの強い抵抗はありません。』


『女の子の場合(FTM)、男の子の服を身につけること、または、男装を真似ることを強く好む。

という質問だと思って答えます。

昔のアルバムを見返すと。私は幼稚園の頃、髪を伸ばして、女の子らしい服装をしていました。

小学生くらいになって、自分の服を自分で選ぶようになってからは、Tシャツに短パンなど、男の子にありがちな服装をするようになりました
スカートも学校の制服以外でははきたくなかったです。

高校生の時に、女性らしくなろうとして身体のラインが出るような服やヒールの高い靴を履いてみたのですが、1年ももたなかったです。

それ以降は、メンズ服を買うのはちょっと勇気が出なかったので、レディースだけどメンズっぽい服を着るようになりました

シャツにジーンズとか、そんな感じです。

昔から腕時計、ベルト、キャップ(帽子)が好きだったけど、選ぶのはいつもメンズっぽいものでした。

なので、男性らしい服を身に着けることを好んでいたんだと思います。

第3問

ごっこ遊びや空想遊びにおいては、反対の性の役割を強く好む。

【はい】

ごっこ遊びはあまりしたことないからよくわからないです...

お父さん・お母さん・赤ちゃんなどの役を決めてするようなおままごとはしてなかったのかもしれないです。

空想遊びと言っていいのかわからないけど、
小学生か中学生の時、モーニング娘。の後藤真希さんがもの凄く好きで、付き合う妄想をしてました。

妄想では、必ず自分は男性でした。
(気持ち悪いと思った方、すいません。)

空想遊びでは、反対の性(男性)の性の役割を好んでたんだと思います

第4問

反対の性に定型的に使用されたり、または行われたりするオモチャやゲーム、またはその活動を強く好む。

【はい】

おもちゃやゲームって、男の子向けと女の子向けがありますよね。

男の子向けだったら、仮面ライダーとかミニカーとか
女の子向けだったら、リカちゃん人形とかおままごととか

今では記憶があいまいですが、母に聞いてみると、セーラームーンのおもちゃを振り回していた時もあったようです

でも、小学生になってからは、男の子と遊ぶことが多く、
ベイブレード、遊戯王カード、デュエルマスターズ、ミニ四駆など、男の子のおもちゃを欲しがってました。

特にベイブレードはめちゃくちゃはまってました。

学校終わりは同級生と公園に集まっていつもベイブレードしてたし、どこに行くにも連れていく相棒みたいなものでした。

第5問

反対の性の遊び友達を強く好む。

【はい】

(4)でも言ったように、小学生の時は放課後はいつも男の子の友達とばかり遊んでました。

学校の休み時間も校庭でドッジボールをしたり、女の子といるより男の子といるほうが楽しかったです。

でも、中学生になってからは男子と女子との距離ができてしまって、遊べなくなったので辛かったです。

第6問

男の子の場合(MTF)、男の子に典型的なオモチャやゲーム、その活動を強く拒み、乱暴で荒々しい遊びを強く避ける。
また、女の子の場合(FTM)、女の子に典型的なオモチャやゲーム、その活動を強く拒む。

【微妙】

もちろん生まれた時の性別は女性なので、同性の友達と遊ぶこともありました。

お絵描きとか女の子が好きそうなアニメを一緒に見たりしたこともあります。

女の子の遊びを強く拒むこともなかったです

お絵描きもするし、女の子向けのアニメも見るけど、ベイブレードをしているときのほうが楽しいって感覚でした。

なので、この項目については微妙ですね。

第7問

自分の性器の外観、構造を強く嫌う。

どちらかと言えば【はい】

(1)でも言いましたが、
男性になりたいとは思ってたけど、男性であると思ったことは一度もありません。

自分の性器を見ても、女性として生まれたんだから、あって当然だよなと思ってました

もちろん、男性になりたい気持ちはありましたので、積極的に見たいと思ったこともないし、できれば男性の性器があればいいなと思う程度です。

性器かどうかわからないけど、胸については、ものすごく嫌でした

スポーツが好きで、バスケットボールをずっとしていたこともあるかもしれませんが、単純に運動するときは胸が邪魔です。

それだけじゃなく、私服はボーイッシュなものを着ることが多く、胸のふくらみがあるように思われたくなかったので、一日でも早く取り除きたかったです。

第8問

自分の体験する性に合う第一次および/または第二次性徴を強く望む。

【微妙】

第一次性徴についてはよくわからないけど、第二次性徴で起こることを箇条書きにしてみました。

男性の第二次性徴

  • 陰茎、陰嚢の肥大
  • 陰毛、髭、腋毛の発生
  • のどぼとけ、声変わり
  • 筋肉の発達
  • 精通(初めての射精)が起こる

女性の第二次性徴

  • 乳房、乳腺の発達
  • 陰毛、腋毛の発生
  • 初潮
  • 皮下脂肪の増大
  • 骨盤の発育

私はどうだったかというと、男性の第二次性徴を強く望む気持ちはあまりなかったです。

”ちんちん”がどうしても欲しい!声変わりしたい!と思ったことはありません。

どちらかというと、女性の第二次性徴が嫌だとおもう気持ちが強かったです

まとめ

というわけで、今回は以上です。

私の性別違和チェックテストの結果をまとめると、

(1)【はい】
(2)【はい】
(3)【はい】
(4)【はい】
(5)【はい】
(6)【微妙】
(7)どちらかと言えば【はい】
(8)【微妙】

『少なくとも6か月、以下の項目のうち6つ以上が当てはまる場合、性同一性障害の可能性があります』ってことだったので、このテストでも性同一性障害かもしれないってことがわかりました。

性同一性障害と診断されてから7年近く経ち、今は男性として生活しているので、診断をもらった当時の悩みとか苦しみを忘れて生活しています。

昔の記憶をたどって回答しましたが、悩みをたくさん抱えていた学生の頃にチェックテストをしたら、もっとたくさん【はい】があったかもしれません。

まだ性同一性障害の診断をもらっていない方で、自分の生まれた時の性別に違和感を抱えている方はぜひやってみてください!

今回の性別違和チェックテストは自由が丘MCクリニックのホームページで見ることができます。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。