ジムへの入会

FTMが男性としてジムに入会する方法

FTM ジム 入会

戸籍上は女性だけど、男性としてジムに通うことはできるのかな...
男性としてジムに入会できたとしても、他の利用者に変な目で見られないか心配...

【deidei】

私自身、まだ戸籍の性別変更をしていなかった(乳房切除はしていた)ころ、1年間ジムに通っていました。

その時の経験や他のFTMの方の体験談から、FTMでも男性としてジムに入会する方法をご紹介します。

戸籍上の性別と違う性別での入会・共用部の使用はできるのか

【deidei】

結論から言うと、できることもあります

ジムによって対応が違いますので、通いたいジムに必ず問い合わせをしてください

だいたいのジムは電話やメールで問い合わせできますので気軽に連絡してみるといいと思います。

では、具体的にどんな対応なのか、3つのケースをご紹介します。

ケース1 私が通っていたジムの例

【入会の申込】

メールでの入会申し込みだったため、備考欄に『FTMであり、戸籍上は女性だけど男性として利用したいということ』を書いた

【申込の返事をもらう】

入会・利用にあたり確認したいことがあると返事をもらって、ジムに行く

【対応してほしいことを詳しく説明】

私の場合は、
・戸籍上は女性だけど、男性として入会・利用したい
・会員証の名前も通称名を使いたい

【ジム側の対応】

・男性としての入会はOK
・会員証の通称名使用もOK
・男性更衣室の使用もOK

ただし、シャワーの利用はやめてほしい

私が通っていたジムでは、希望する性別で入会することができました

対応してくれたスタッフもきちんと話を聞いてくれたので安心でした。

シャワー利用に関しては、個室かどうかや鍵がついているかで対応が変わると思います。

裸になるので、他の利用者とのトラブルがあるかもしれないと判断したのかもしれないですね。

ケース2 希望する性別での入会・共用部の使用が許可された例

G-pit東海支部のFTMの方がジムに入会した経験を動画にされていました。

↓  ↓  ↓

公開日:2018年6月7日
株式会社G-pit 公式webサイト:http://g-pit.com
公式Twitter:https://twitter.com/Gpitcom

【動画の内容】

・どのようにカミングアウトをしてジムに入会したのか
・希望する性別の更衣室が使えたのか

この方は問題なくジムを利用できたようです

ケース3 希望する性別での入会・共用部の使用が許可されなかった例

性別適合手術までしているが、戸籍変更ができていないMTFの方に関する記事です。

BuzzFeed JapanNews
『「これからは胸張って暮らしたい」性別適合手術受けた女性がジムを訴えたわけ』
公開日:2016年1月20日
『「生きていて良いんだと思えた」性同一性障害のジム利用者、コナミと和解成立』
公開日:2017年6月19日

この方は戸籍の性別を重視した対応をされたため、希望する性別での利用はできなかったようです

※ただし、現在はジム側と和解済み

ジムでトレーニング中の周りの反応や気になったこと

他の利用者の視線が気になる

ジムの広さにもよりますが、他の利用者から見られていると感じることがあります

でも安心してください。

FTMだから特別注目されるわけではないです

ジムに通っていると、

  • 他の人がどんな体型なのか(特にどのくらい筋肉がついているのか)
  • どんなメニューでトレーニングしているのか
  • どんなフォームでトレーニングしているのか

いろいろ気になって周りを見てしまうことがあります。

そのため、自分が見られていても気にしなくていいんじゃないでしょうか。

軽い負荷からのスタートになる

女性は男性に比べて筋肉量が少ないです。

そのため、部活などでしっかり筋トレをしたことがある方以外は、あまり負荷をかけない状態からのスタートになります

また、ジムによっては初回のトレーニングでの負荷の基準を、男性と女性にわけて設定していることがあります。

私自身は、お恥ずかしながら初回のトレーニングでは女性の基準よりも軽い負荷から始めました。

もしかしたら女性と同じぐらいの負荷でのトレーニングが恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。

でも、トレーニングをしないとずっと筋肉がつかないままです。

トレーニングを続けているとみるみる筋肉量が増えて、男性と同じぐらいの負荷でできるようになります。

はじめは恥ずかしいかもしれませんが地道にトレーニングをすると気にならなくなるので、ぜひ頑張ってみてください。

ジムを選ぶ時のチェックポイント

ジムに行くことに不安があったけど、行ってみようかなと思った方にむけて、FTMがジムを選ぶ時のチェックポイントを3つご紹介します。

✔困ったときに相談しやすいか

ジムを利用し始めてからも困ることが出てきたりします。

その時に相談しやすいかどうかはとても重要です

見学に行った際に相談して、対応してくれそうなジムか確認してみてください。

✔利用している人はどんな人が多いか

ジムとひとくくりにしていますが、それぞれ店によって雰囲気が違います

ボディービルダーみたいな人が多く通っているジムや近所の主婦やヨガなどのプログラムに参加する方が多いジムなど様々です。

はじめてジムに通う場合は、ガチでトレーニングしているひとばかりだと浮いちゃうこともあるので避けた方が無難ではないでしょうか。

✔シャワーが個室かどうか

トレーニングの汗を流すために、ジムの更衣室にはシャワーがついていることが多いです。

ただ、私のケースのようにシャワーの利用を断られる場合もあります。

シャワー利用を断る理由は、裸になったときに希望する性別との違和感があると他の利用者の方がびっくりしてしまうかもしれないからではないでしょうか。

そのため、人に裸をみられることに問題がない場合は、そのことを説明すると良いと思います。

人に裸を見られるのは避けたいけどシャワーを利用したい場合は、個室のシャワー室があるかや鍵がついているかを確認してみてください

まとめ

というわけで今回は以上となります。

ジムに通いたいけど不安だなと感じている方の疑問への回答をざっくりまとめると、

戸籍上の性別と違う性別での入会・共用部の使用はできるのか?

希望する性別での入会・利用ができる場合があります。

まずは通いたいジムに直接問い合わせてみましょう

ジム利用中に困ることはないか?

基本的には問題ないですが、他の利用者からの視線が気になったり、軽い負荷でのトレーニングが恥ずかしいと思うことがあるかもしれません

でも、トレーニングを続けて筋肉がついてくると、ほとんど気にならなくなります。

また、利用している中で困ることが出てくるかもしれません。
気持ちよく利用できるように、

  • どのような対応をしてほしいかきちんと伝えること
  • 相談しやすい雰囲気であるか確認すること

は最低限しておいた方が良いのではないでしょうか。

ジムでのトレーニングは、筋肉量が増えるし、締まった身体になるし、前向きな気持ちになるし、良いことづくし!

少しでもジムに行ってみようかなと思った方はぜひ一歩踏み出してみてください。

ーーーーーーーーーー

今まで筋トレをしたことがまったくない、ジムに行く勇気がやっぱり出ない

そんな方にはこの本がおすすめです!

この本の著者は、CALADA LAB.代表取締役で、早稲田大学スポーツ科学部卒業後、東京大学大学院に進学して筋生理学を学んでいます。

そのため、科学的なエビデンスをもとにした基本的な自重筋トレを実践できますよ!

↓ Amazon kindleなら200円で読めます!

そもそも筋トレは、身体が引き締まる以外にもメリットがたくさんあります!

そんな筋トレの魅力を余すことなく紹介しているこちらの本もぜひ読んでみてください。

※文字ばかりの本が苦手な人でも読みやすいです。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。