おすすめ記事

性別適合手術の入院で準備するもの【国内編】

性別適合手術 SRS 持ち物

性別適合手術が初めての手術。
何を用意したらいいのか分からないなぁ…

【deidei】

そんな方に向けて、
乳房切除と性別適合手術の2回の入院経験がある私が、性別適合手術(SRS)で入院するときにあるといいもの・実際に準備したものをご紹介します。

タイでの性別適合手術を考えている方は、こちらのアテンド会社紹介記事もぜひ読んでみてください。
>>タイでの性別適合手術アテンド会社7選

入院時にあると良いもの

性別適合手術での入院経験から、あると便利だなと思ったものはこちら。

  1. 着替えがしやすく楽な服
  2. サンダル
  3. 小袋の洗濯用洗剤
  4. 旅行用シャンプーセット
  5. 暇潰しのもの
  6. 延長コード
  7. ポケットWi-Fi
  8. ストロー

1.着替えがしやすく楽な服

入院の時に着る服は余裕がある楽なものにしましょう。
(わざわざピチピチの服とか用意する人はいないと思いますが…)

乳房切除手術の時は、術後の痛みで腕の上げ下げが辛かったので、着替えがしやすい前あきの服がオススメです。

子宮卵巣摘出手術の時は、ズボンのゴムがおなかを圧迫すると痛い場合があるので、圧迫しないようにゴムがきつくないものやヒモで調節できるものがオススメです。

病院によっては有料の入院服があるので、洗濯するのがめんどくさい場合は利用すると便利です。

2.サンダル

病院内を歩く時やトイレに行くときなど、サンダルがあると便利です

ベッドから出て移動するときにいちいちスニーカーを履くのも手間ですので、簡単に履けるものがあると楽ですよ。

病室内を歩くだけならスリッパでもOKです

※Amazon wardrobeはAmazonで販売しているファッション関連商品を7日間無料で試せるサービスです。購入したいもの以外は段ボールに入れて返送するだけなので、簡単に試着できます。

3.小袋の洗濯用洗剤

性別適合手術では1週間ほど入院することになるので、着替えも沢山用意しないといけません。

ですが、術後数日で歩けるようになるほど回復することもあるので、荷物を減らしたい方は自分で洗濯してもいいかもしれません

自分で洗濯する場合、家にある洗剤の箱・ボトルをそのまま持ってくると荷物がかさばります。

1回分ごとに小袋に分かれてる洗剤がとでも便利です。

4.旅行用シャンプーセット

入院中に傷口の状態が安定したらシャワーを浴びることが出来ます。

退院前の数回しかチャンスが無いので、こちらも旅行用のコンパクトなものがいいです。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープがセットになっているお試しセットや持ち運びしやすいミニボトルがオススメです。

5.暇つぶしのもの

入院中は、思ったよりも暇な時間が多いです。

術後は痛みが辛くてずっと寝ていても、数日たてば暇をもてあますようなります。

スマホをずっと見てると充電がすぐになくなってしまうので、暇つぶしのものを持っていくといいですよ。

【deidei】

私自身は乳房切除手術の時、暇つぶしのものを持って行かず、病院の購買で本を買って読んでました。

退院する頃には本が10冊以上になって、荷物がかなり重くなってしまいました。

傷の治り具合や痛みの感じ方には個人差がありますので、暇だなと感じる時間も個人差があります。

あまり多く用意するとかさばるので、コンパクトなゲーム機や電子書籍リーダーを持っておくと便利です。

6.延長コード

病院によってはコンセントが一つしか無かったり、ベッドから遠かったりします。

ベッドの上で過ごすことの多い入院中ではとても不便です。

そのため、ベッドの上からでも楽に充電できるように、延長コードを用意しておくといいですよ。

7.ポケットWi-Fi

病室は無料のWi-Fiが無いことがほとんどです。

ヒマだからと言って、スマホで一日中YouTubeを見てると、通信料がかなりかかってしまいます。

通信料がかかりそうな場合は、ポケットWi-Fiを持って行くと良いでしょう

家に無い方は、ポケットWi-Fiのレンタルもオススメ。
1日~の短期間のみレンタル出来るものもあります。



8.ストロー

乳房切除の後は腕の上げ下げすると傷が痛みます。

服を着替える時だけでなく、コップで飲み物を飲むときも辛いです。

そんな時のためにストローを持っておくと安心ですよ

入院時の持ち物チェックリスト

【deidei】

私が岡山大学病院・岡山中央病院で入院した際に準備したもの一覧をご紹介します。

✔着替え
(4日分くらい持っていきました)

✔サンダル

✔シャンプーセット

✔携帯用歯ブラシ

✔タオル
(5枚くらい持っていきました)

✔洗濯用洗剤

✔洗濯物を入れる袋

✔ストロー
(5本くらい持っていきました)

✔コップ
(洗いたいくなければ紙コップでOK)

✔延長コード

✔充電器

✔ポケットWi-Fi

✔箱ティッシュ

✔髭剃り

✔イヤホン
(隣の病室への音漏れ防止)

✔暇つぶしのもの

✔ボールペン
(何かと書類にサインするため)

✔クリアファイル
(病院から渡される書類を入れておく)

おわりに

というわけで、今回は以上です。

初めての入院は不安なことが多いです。

何を準備しておけばいいか分かっていれば、少しは安心できるんじゃないでしょうか。

また、手術内容によっては、今回ご紹介したもの以外にも必要なものがあります。(乳房切除であれば、胸部を支えるバンドなど)

それについては病院から説明がありますし、病院の購買で買えるものなので、事前に準備しておかなくても大丈夫だと思います。

洗剤やシャンプーなども病院の購買に置いてあったりするので、忘れたからといって焦る必要はありません

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

FTMトランスジェンダー向けの手術情報共有サイト【CHANGE】では、国内手術・海外手術問わず、たくさんの手術事例を掲載しています。
これから胸オペやSRS(性別適合手術)を検討されてる方はぜひのぞいてみてください!
無料オンライン相談会や対面相談会で手術などの相談もできます。

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。
関連記事