おすすめ記事

【FTM向け】小さいサイズのメンズ革靴3選

FTM 小さいサイズ 革靴

足のサイズが小さくて履きたい靴が履けない…

FTMの中にはそんな悩みを抱えてる方も多いんじゃないでしょうか。

ファッション通販「ZOZOTOWN」を運営するZOZOが公開した、スマホで簡単に足の3Dサイズを計測できる「ZOZOMAT」での100万人の足のサイズ計測結果から、
日本女性の足の平均サイズは23.3cmでした

出典:日本の「足の平均サイズ」は約24.3cm。ZOZOMATで100万人計測

女性の足の平均サイズが23.3cmであれば、FTMの足の平均サイズも同じくらいのはずです。

でも、メンズシューズのサイズは25cm~が多いので、履ける靴の選択肢は少なくなっちゃいます。

【deidei】

私自身も足のサイズが25cmより小さく、靴選びが大変です。

特に、仕事中に履く革靴選びには苦労しました

お店に行っても小さいサイズの革靴を置いているところはなかなか見つからない…

レディースの革靴とはデザインが違うから25cmを買ってみるけど、大きすぎて歩きづらい…

中敷きをしてみてもしっくりこない…

そんな風に試行錯誤した結果、ネット通販で自分に合う靴を買えるようになりました。

今回の記事では、私が使っている革靴のネット通販サイトを紹介します。

マルイのネット通販 OIOI web channel (22.5cm~)

『OIOI(マルイ)』は、都市圏では言わずと知れた百貨店です。

そのマルイのプライベートブランド『ビサルノ』では、22.5cm~30.0cmのメンズシューズをそろえています。

サイズの豊富さだけでなく、履き心地にもこだわっているので、長く履いていても疲れません。

そんな『ビサルノ』のおすすめビジネスシューズはこちら。

【CB21-64】【ラクチン軽快シューズ】本革ビジネスシューズ(スクエアトゥ)

ベーシックなデザインで使い勝手のいい本革のビジネスシューズ。

柔らかいソールやクッション中敷きを使用していて履き心地抜群

靴自体がとても軽いので、長く履いても疲れにくいです。

OIOI(マルイ)の公式通販サイトでは、エポスカード(クレジットカード)の入会と新規会員登録すると、1万円以下で購入できます。

また、Amazon・楽天でも購入することができます。

『ビサルノ』では、他にもいろんなデザインのシューズを取り揃えています。
ビジネスシューズだけでなく、カジュアルシューズも22.5cm~ありますので、興味がある方は公式HPへ。

靴通販専門店 靴のパラダイス (22.0cm~)

『靴のパラダイス』は、通販のみの靴専門店です。
小さいサイズ~大きいサイズまで豊富に取り揃えています。

靴のパラダイスのプライベートブランド『PARA SHOE』は、22.0cm~から本革ビジネスシューズが安く手に入ります。

その中でもおすすめなのがこちら。

PARASHOE 本革 プレーントゥ ビジネスシューズ 黒

PARASHOE 本革 内羽根ストレートチップ(キャップトゥ) ビジネスシューズ 茶色

本革なのに10,800円と低価格
足の幅は3Eなのでゆったりして履きやすいです。
ソールは滑りにくい合成ラバーを使用しています。
日本製なのも安心ですね。

こちらの商品は、Amazon・楽天でも購入できます。

REGAL ONLINE SHOP (23.0cm~)

ビジネスシューズのおすすめブランドとしても名が上がるほど、人気の高い『REGAL』も小さいサイズを取り揃えています。

一番小さいサイズで23.0cmです

値段は少し高めですが、本革で作りもしっかりしていて長く愛用できます。

その中でもおすすめなのがこちら。

2504NA プレーントウ

REGALのビジネスシューズの中でも定番商品

グッドイヤーウエルト式製法という特殊な製法で作られており、長く履けば履くほど馴染んでいきます。

11WRBG ストレートチップ

「2504NA プレーントウ」の製法の一部を変更し、より足に馴染みやすく、快適な履き心地の一足です

こちらの商品は、Amazon・楽天でも購入できます。

REGALは北海道から沖縄まで全国にお店がありますので、実際に履いてみたい方はお近くのお店を調べてみてください。

というわけで、今回は以上です。

自分の履きたい靴が見つかって、あなたの靴の悩みが少しでも軽くなれば嬉しいです。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。
関連記事