埋没生活

FTMが埋没する3つのステップ

FTM 埋没

FTMだけど男として埋没して生活している人は具体的にどんなことに気を付けているのか知りたい...
自分も埋没したいけどやり方が分からない...

【deidei】

そんな方に向けて、FTMとして埋没して生活する方法をまとめてみました。

ちなみに、私自身がどの程度埋没しているのかというと、以下のような状態が2年以上続いています。

  • 見た目で女性だと扱われることはほぼ無くなった。
  • 戸籍上も男性であり、公的な手続きで困ることも無くなった。
  • トイレや更衣室など、男性用を使っても問題なくなった。

※埋没する方法の紹介に入る前に、注意してほしいことが2つあります。

1つ目は、埋没度を100%に近づけなければならないわけではないということ。
2つ目は、必ず埋没しなければならないわけではないということ。

FTMとひとくくりにしていますが、FTMの中でも様々な価値観があります。
それぞれの価値観に優劣はないし、否定するつもりも一切ありません。

あなた自身が何に苦しんでいて、どうすればその苦しみから解放されて自分らしく生きられるのかを考えてみてください
そのうえで、埋没して生きていきたいと思った方の参考になれば嬉しいです。

私の場合、埋没して生活するようになっても困ることがありました。

そんな体験談を知りたい方はコチラも読んでみてください。

埋没して困ったこと5選【FTM体験談】 ゆくゆくは埋没して暮らしたいと思ってるんだけど、埋没して困ることってあるのかな? 【deidei】  男性として扱われること...

埋没するとは?

FTMの『埋没』とは、社会の中で完全に男性として生きること。
さらに言えば、FTMであることをカミングアウトする必要がないことだと思います。

この記事では、どのくらい埋没できているかを『埋没度』として表しています。

一方、FTMが周りからどう見られているかを表す言葉として、『パス度』があります。
これは、第三者から外見上男性として認識されているかを表す指標です。

『パス度』は外見上どう認識されているかだけを表しているため、パス度100%であっても埋没できているわけではありません。

そのため、『埋没度』と『パス度』は、似た言葉ですが意味合いが少し違うと思っています。

埋没するための3ステップ

では、埋没する方法を3ステップに分けてご紹介します。

【STEP1】
男性と認識される外見になる(埋没度50%)

埋没するためにまず必要なことは、会った人に男性として認識してもらうこと

どのようにしたら男性に見えるのか5つの項目に分けて、説明します。

これらに気を付けていれば、裸を見せないという条件付きですが、ほとんど女性として扱われることはなくなるのではないでしょうか。

男性的な髪形にする

一般的に、男性は短髪、女性は長髪であることが多い。
そのため、短髪にすると男性と認識される可能性が高くなります

短髪であればどんな髪型にするかは自由ですが、短髪にしすぎると、顔の丸みが強調されてしまうので注意が必要です。

男性用の洋服・靴・小物を身につける

身に付けているものでも男性か女性か判断されるため、男性用のものを身につけることも有効です

シャツやジャケットでもぱっと見では同じに見えますが、ボタン部分を見ると男性用か女性用かわかってしまうので、可能であれば男性用を着用する方が良いのではないでしょうか。

男性体型に近づける

どれだけ男性用のものを身に付けていても、女性体型であればボーイッシュな女性だと判断されてしまうことがあります。
なので、できる限り男性体型に近づけましょう

具体例として、
乳房切除していない方はナベシャツで胸を潰す。
体脂肪が多く、女性的な曲線が目立つ方は有酸素運動+筋トレで筋肉質な体つきにする。

特に胸があるかどうかで印象が大きく変わります。
ナベシャツを購入できるサイトはこちらの記事を参考にしてみてください。
>> 【2000円以下】のナベシャツおすすめ5選

低い声になる

男性でも声が高い場合はありますが、低い声も男性の特徴のひとつ。

ホルモン注射をすることによって徐々に低い声になることができます。

ホルモン注射をしてもらうためには、性同一性障害であると診断してもらう必要があり、時間がかかることがあるのが難点。
それまで待てない場合は、意識的に低い声で話すだけでも印象を変えられます。

堂々とふるまう

これはめちゃくちゃ重要。

自分の見た目に自信がないなど、不安になって周りをキョロキョロ見渡してしまうと目立ってしまいます。
堂々とすることで、周りから注目されることも少なくなり、男性として自然に馴染めますよ

【STEP2】
戸籍上の性別を男性にする(埋没度80%)

外見上は男性と認識されている状態でも、男性として生活するにはまだ大きなハードルがあります。
それが戸籍の性別です。

外見が男性であっても、身分証の提示が必要なときは、戸籍上女性であることが知られてしまいます

都心部では、戸籍上の性別が女性であっても男性として扱ってもらえることが多くなってきているように感じますが、それでも毎回、性同一性障害であることをいう必要があったりします。

もしあなたがカミングアウトをほとんどする必要のない状態にしたいのなら戸籍の性別を男性にした方が良いんじゃないかなと思います。

戸籍の性別変更には、ホルモン注射・乳房切除・子宮卵巣摘出をしないといけないので身体への負担はかなり大きいです。

手術等によるリスクをしっかり把握した上で判断してください。

詳細な戸籍の性別の変更方法については、分かりやすくまとめられているものが多くあります。

「FTM 戸籍 変更」で調べてみてください。

また、名前が女性らしいものである場合、改名する方も多いです。

こちらも詳細な情報は「FTM 改名」で調べてみてください。

余談ですが、戸籍では氏名のフリガナは記載されていません。

名前の読み方を変えるだけであれば、住民票がある市区町村の役所で簡単に変更できます。

もちろん、社会的に男性として生活する上で不便がないまたは必要な場合はカミングアウトしても良いという方は、STEP2をする必要はありません。

私自身も戸籍上は女性でしたが男性として仕事をするなかで、戸籍の性別変更までしなくても埋没できてるから良いかなと思ったこともありました。

【STEP3】
男性の身体に近づける(埋没度90%)

STEP2まででも十分埋没できますが、完全に男性として生活するためにはもうひとつ大きなハードルがあります。
それは他人に裸を見られることです。

更衣室・プール・海・温泉などで上半身または全身を見られてしまうことがありますよね。

服を着ているときであれば多少は誤魔化せますが、裸になると男性との違いはハッキリわかります。

具体例をあげると、

  • 股間にあるはずのものがない
  • 乳輪が大きい
  • くびれがある  など…

上半身については、筋トレや乳輪縮小することでなんとかなると思いますが、股間に関しては大きな問題ですよね。

どうしても股間を隠せない場合は、2つ方法があります。

手術する

陰茎形成・陰嚢形成・亀頭形成術によって作ることができます。

身体の皮膚の一部を使ったりするので、多少感度があることはメリットです。

一方、身体への負担が大きいこと、費用がかかることがデメリットでもあります。

より詳しく知りたい方は、「FTM 性別適合手術」で調べてみてください。

エピテーゼをつける

エピテーゼはあくまで偽物なので感度はありませんが、本物に近い見た目になれます。

『FTMエピテーゼ専門店 匠』では、数十万円程度で作れるので、手術より費用がかかりません。

用途によって3つのタイプがあるのもありがたいです。

  • スタンダードタイプ
  • セックスタイプ
  • タチションタイプ

>>FTMエピテーゼ専門店 匠の公式HPはこちら

もちろん、裸を見られるようなところに行かないという選択肢もあります。
そのような場合、STEP3は必要はありません。

まとめ

というわけで今回は以上となります。

FTMが埋没する方法をざっくりまとめると、

STEP1 男性と認識される外見になる(埋没度50%)
髪や身に着けるもの、体型、声を男性的なものにする。

STEP2 戸籍上の性別を男性にする(埋没度80%)
性別適合手術をして戸籍の性別を変更する。
必要であれば改名もする。

STEP3 男性の身体に近づける(埋没度90%)
特に下半身については、手術やエピテーゼを利用して、股間にないものをつける。

STEP3でも埋没度を90%にしているのは、完全に男性になれるわけではないからです。
特に性的な面で乗り越えられない壁はあります。

そのため、特に身近な人(パートナーなど)にはカミングアウトをしないといけない場合があるかもしれません

最後にもう一度繰り返しますが、ご紹介した埋没する方法をすべて実行する必要はありません
あなた自身の悩みや苦しみを取り除くために必要であれば試してみてください。

FTMトランスジェンダー向けの手術情報共有サイト【CHANGE】では、国内手術・海外手術問わず、たくさんの手術事例を掲載しています。
これから胸オペやSRS(性別適合手術)を検討されてる方はぜひのぞいてみてください!
無料オンライン相談会や対面相談会で手術などの相談もできます。

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。