結婚・恋愛

FTMでも結婚できるの?と不安な方へ

FTM 結婚 同性パートナー 同性婚

FTMだけど、好きな相手と結婚できるのかな?
同性パートナーシップ証明ってどんな制度?どこでできるの?

【deidei】

そんな方に向けて、結婚(婚姻)が可能な場合や同性パートナーシップ証明制度についてご紹介します。

1.FTMでも結婚できるの?

はじめに、堅苦しい話になりますが、
日本では、『両性の合意』が婚姻を成立させる条件であると法律で決められています。

日本国憲法第24条1項は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と規定する。

出典:Wikipedia

この法律は、婚姻する場合、戸籍に記載されている性別が、一方は”男性”、もう一方は”女性”だと解釈されています。

FTMといっても、戸籍の性別を男性に変更したい人もいれば、社会的に男性として生活できれば戸籍の性別は女性のままでいい人もいます。

さらに、女性を好きになる人もいれば、男性を好きになる人、好きになる相手の性別を気にしない人など、様々です。

そのため、結婚できるかどうかは、あなたの戸籍上の性別と、相手の戸籍上の性別で決まります

FTMで結婚できるのは、以下の2パターン。

パターン1:あなたが戸籍上の性別を”男性”に変更 + 結婚したい相手が”女性”

性別適合手術を受け、戸籍上の性別を女性から男性に変更した場合は、戸籍上”女性”のパートナーと結婚(婚姻)することは可能です。

私の周りでも多くのFTMが結婚していますし、イメージしやすいですね。

パターン2:あなたの戸籍上の性別が”女性”のまま + 結婚したい相手が”男性”

あなたが戸籍上の性別を”女性”から”男性”に変更する予定がなくても、結婚(婚姻)することは可能です。

こちらはピンと来ない方もいるかもしれないので、さらに具体例を2つ。

  1. 戸籍上は”女性”のFTM + 結婚したい相手はゲイやバイセクシャルの”男性”
  2. 戸籍上は”女性”のFTM + 結婚したい相手は未治療のMTFなので戸籍上”男性”

自分をどの性別だと思うか(性自認)と、どの性別の人を好きになるか(性的指向)は人それぞれなので、紹介した具体例以外のカップルもいるかもしれませんね。

私自身、②のようなカップルがいることを初めて知るきっかけになったのが、コミックエッセイ『男装女子と女装男子が結婚しました。』
今でも初めて読んだ時の衝撃が忘れられないし、あたらめていろんな人がいるなと感じた一冊です。

2.同性パートナーシップ証明制度ってなに?

FTMが結婚できるパターン2つ紹介しましたが、その他のパターンでは婚姻の条件『両性の合意』に該当しないので、法律上、結婚することはできません。
ただし、『同性パートナーシップ証明制度』を利用できる自治体もあります。

地方自治体が、同性カップルに対して、二人のパートナーシップが婚姻と同等であると承認し、自治体独自の証明書を発行する制度。

出典:OUT JAPAN Co.,Ltd.

『同性パートナーシップ証明制度』は法的な拘束力がないので、結婚と同等ではありません。

ですが、メリットもあります。

  • 区営住宅などに入居できる
  • 生命保険の受取人をパートナーにできる
  • 携帯電話料金の家族割適用できる

※自治体によって扱いが異なることがあるので、同性パートナーシップ証明制度の利用を検討されている方は、登録予定の自治体へ問い合わせてみると良いと思います。

同性パートナーシップ証明制度についてさらに詳しく知りたい方はこちらの書籍も参考になるのでぜひ読んでみてください。

2015年に東京都渋谷区と世田谷区でスタートした同性パートナーシップ証明制度は、現在、全国の自治体で導入が進んでいます。

同性パートナーシップ証明制度を導入済み・導入予定・検討中の自治体は、こちらから確認できます。
>> 自治体にパートナーシップ制度を求める会のTwitter

3.同性婚の現状

同性パートナーシップ証明制度だけでなく、日本でも同性婚を実現しようという動きもあります

2019年2月に札幌、東京、名古屋、大阪で、『同性婚を認めないことは違憲か』を争点に一斉提訴し、2019年9月に福岡で追加提訴、2020年3月には熊本県在住の同性カップルも加わり、それぞれの地方裁判所で審理されています。

新型コロナウイルスの影響で裁判の進行が遅れたりしているようですが、札幌地裁では8月5日に、原告と証人への尋問が行われる予定です。

同性婚について、さらに詳しく知りたい方は、MARRIGE FOT ALL JAPANのホームページをチェックしてみてください。

まとめ

というわけで、今回は以上です。

内容をざっくりまとめると、

【FTMでも結婚できるの?】

FTMでも、大きく分けて以下の2パターンであれば結婚できます。
パターン1:あなたが戸籍上の性別を”男性”に変更 + 結婚したい相手が”女性”
パターン2:あなたの戸籍上の性別が”女性”のまま + 結婚したい相手が”男性”

【同性パートナーシップ証明制度ってなに?】

『地方自治体が、同性カップルに対して、二人のパートナーシップが婚姻と同等であると承認し、自治体独自の証明書を発行する制度』で、区営住宅などにパートナーと入居できる等のメリットがあります。
50以上の自治体で導入されており、今後導入予定や検討中の自治体もあります。

【同性婚の現状】

2019年2月に『同性婚を認めないことは違憲か』を争点に一斉提訴しており、いまだ判決は出ていない状況です。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。