就職・在職移行

FTMの就職に必要な準備と仕事で困ること

FTM 就職 就活

就職活動を控えてるけど、FTMだから採用されるか不安だな…
戸籍の性別を変更していないけど、男性として扱ってもらえるのかな…
初めての会社で働くときに困ることってあるのかな…

【deidei】

そんな悩みを抱えてるFTMに向けて、FTMが仕事中に困ることや就職時に必要な準備などを紹介します。

私自身、戸籍の性別が女性だった時に就職しましたが、5年以上ストレスなく働くことができています。
今ではほとんど埋没してサラリーマン生活を謳歌しています。

この記事では、一人でも多くの方が好きな仕事に就いてストレスなく働けるようになるためのヒントをまとめてます。

仕事中に困ること

私自身の経験から、FTMが働く上で困ることは、

  • 同僚にカミングアウトするかどうか
  • 社外の人にカミングアウトするかどうか
  • 更衣室・トイレは男女どちらを使うのか
  • 通称名を使えるか
  • プライベートの質問にどう答えるか
  • 手術などで長期休暇をとれるか

一緒に働く同僚にカミングアウトするかどうかは多くの方が悩むことじゃないでしょうか。
それだけじゃなくて、社外の人にもカミングアウトすることがあるかもしれません
戸籍上は女性のままのFTMが、メンズスーツを着て仕事をする場合、パス度が低いと社外の人に困惑されてしまうかもしれません。

また、更衣室・トイレ等の施設を自認する性別で使えるかや通称名を使っても良いかも気になるところです。

就職すると、多くの時間を職場で過ごすことになります。

自認する性別で扱われない・通称名を使えないとなると、とてもストレスがかかって仕事に集中できなくなるかもしれません

さらに、性別適合手術をする場合、1週間程度入院が必要です。

入院中は仕事を休まないといけなくなります。

就職後に手術をしようと考えている場合は、有給休暇を取りやすい雰囲気の会社が良いですね

就職時に必要な準備

FTMが働くときに困ることを踏まえて、就職する際に準備した方が良いことはこちら。

  • パス度の把握
  • 自認する性別での施設利用・通称名使用を希望するか決める
  • カミングアウトするかを決める
  • 長期休暇や定期的な休暇予定の確認
  • 希望する働き方を決める

※パス度:FTMの場合、第三者から外見上男性として認識されているかを表す指標

パス度の把握

就職した際に同僚にどのようにみられるかを事前に知っておくことは重要です。
そのために、自分自身のパス度がどのぐらいなのか把握しておきましょう。

とはいえ、パス度にはっきりした基準はないので把握しづらいですよね。
一例として、私自身がパス度を確認していた方法を載せておきます。

本人名義のサービスの問い合わせを電話でする
声のパス度を測る
「失礼ですが、ご本人ですか?」と聞かれたら、声はOK

女友達または彼女と2人で出かける
女性といるときのパス度を測る
カップルだと認識されたら、パス度はOK

初対面の人と会って話す(FTMだと知らない人限定)
一人でいるときのパス度を測る
男性と認識されたら(彼女いますかと聞かれる、君付けで呼ばれるなど)、パス度はOK

友達にどのように見えるか聞く
自分だけでなく、他の人からどう見えるのかを知る

自認する性別での施設利用・通称名使用を希望するか決める

働き始めると、トイレの利用は避けて通れません。

職種によっては更衣室を使って着替える場合もあります。

その際に、自認する性別で利用したいかどうかをきちんと意思表示できるようにしておきましょう

どうしても自認する性別の施設を使いたいのか、
場合によっては戸籍上の性別の施設を使っても問題ないのか、

自分自身のパス度や長く働く職場になるかもしれないことを考慮して決めておくといいです。

また、改名予定があり、すでに通称名を使用している場合は、面接の時点で通称名を使用することを伝えておいた方が無難です
働いている途中で名前を変えると、同僚だけでなく取引先でも戸惑われることがあります。
はじめから通称名で働いた方が周囲の人に説明する手間が省けます。

その他、男女で対応が分かれるようなことがあれば、自認する性別で対応してもらえるか確認しておきましょう(社員旅行の部屋割りなど)。

カミングアウトするかを決める

職場で同僚にカミングアウトを”するか”・”しないか”を事前に決めておくことも重要。

また、カミングアウトする場合は、”全員にする”or”一部だけにする”のかも考えておきましょう。

治療状況や性格によって考え方が様々ですので、自分がどうしたいかを考えて決めると良いです。

  • FTMであることをオープンにしても平気なので全員にカミングアウトする
  • 戸籍の性別も変えたし、できるだけ隠したいからカミングアウトしない
  • できればカミングアウトしたくないけど、必要なら一部の人にはカミングアウトする

長期休暇や定期的な休暇予定の確認

就職してから手術しようと考えている場合、手術する時に何日程度仕事を休むことになるのか確認しておきましょう。

〇年〇月に手術するなど、目標を明確に決めている場合は、長期休暇をとれるのか早めに確認しておくと良いと思います。

手術する日程が未定だけど、ゆくゆくは手術したいと思っている場合も、そのことを事前に言っておくと配慮してもらえるかもしれません。

また、ホルモン注射をしている場合、定期的に血液検査をしている人もいるかと思います。

【deidei】

私は岡山大学病院で1年に1度血液検査をしているので、その日は有給休暇を申請しています。

このように定期的な休みがある場合も、事前に言っておくと良いですよ。

希望する働き方を決める

長く働けるように、自分がどんな働き方をしたいのかを考えて就職先を決めましょう。

会社によって雰囲気が全然違います。
職種によっても求められる仕事内容も異なります。

自分にあった就職先を選ばないと、せっかく就職してもすぐやめてしまうことになります。

特に、FTMであることでストレスになりそうな仕事内容・会社の雰囲気の例はこちら

多くの人とかかわる仕事(接客業や営業)
パス度が低い場合、多くの人と関わることが苦痛に感じることもあります。
お客さんから性別について聞かれたり、陰でこそこそと噂されたり。
それがストレスになるようなら避けた方が良いでしょう。

肉体労働系の仕事
手術後は体調が崩れたり、傷口が痛むことがあります。
そのため、手術後にすぐに復帰しても、手術前のように働けないかもしれません。

体育会系の雰囲気の会社
分かりづらいかもしれませんが、高校や大学で運動系の部活動の雰囲気が近いです。
全ての体育会系の会社がそうではないのですが、
 ・ボディタッチが多い(股間を触られる場合もある)
 ・飲み会が多く、盛り上げるために服を脱ぐ人がいる
これらに遭遇する確率が高いです。

FTMでも就職できます

戸籍の性別も変更しており、見た目も男性のFTMであれば、面接で困ることはあまりないですが、

治療中や未治療のFTMは戸籍上の性別・見た目・自認している性別が違う場合は、面接官が戸惑うかもしれないですよね。

だからといって就職を諦める必要はありません。
自認する性別として扱ってもらえる会社はあります

私自身の体験を話すと、
就職活動のときは、ホルモン注射は1年以上していましたが、手術は一切しておらず、もちろん戸籍上の性別も女性でした。

名前も女性に多い名前。

それでも面接ではメンズスーツを着ていきました。

「公的な書類上は女性ですが、自認する性別が男性であり、会社では男性として扱っていただきたいです

と面接で話したところ、具体的にどのように対応すればいいかを聞いてくれました。

その会社に5年以上勤めていますが、FTMだからといって不快な思いをしたことはほとんどありません

もちろん、すべての会社が私の場合と同じような対応をしてもらえるわけではありません。

トランスジェンダーだという理由で選考を落とされたり、内定切りに合った例も聞いたことがあります。

どうしても心配ならLGBTフレンドリー企業から就職先を探してみてはいかがでしょうか。

LGBTフレンドリー企業とは、
社内規定や福利厚生などの制度面でLGBTに配慮した取り組みをおこなっている企業のことです。

具体的には、以下のような取り組みをおこなっています。

  • 差別禁止を規定
  • パートナーシップ制度、性別適合手術休暇などの福利厚生
  • LGBTイベントへの出展
  • 社員のLGBT研修
  • LGBTサークル、LGBT相談窓口を作っている
  • だれでもトイレの設置
  • 更衣室の完全個室・時間交代制など

LGBTフレンドリー企業は、JobRaunbowの『LGBTフレンドリー企業検索』で探せます。

それぞれの企業がどのような取り組みをおこなっているのかも見れるので安心です。

>>LGBTフレンドリー企業検索

さらに、JobRaunbowでは、「LGBTのための就活・転職ガイド」も公開しています。

LGBTだからこその悩みに対する解決方法だけでなく、就活に関する有益情報が盛りだくさんです。

「LGBTのための就活・転職ガイド」は書籍版もあります。
書籍版の方がイラストも入ってわかりやすいです。

というわけで、今回は以上です。

働き始めてから、紹介したこと以外にも困ることがあるかもしれません。

そんな時に相談できる人を見つけておくと安心ですよね。

出来れば、きちんと対応してくれそうな上司・先輩に相談するのがいいんじゃないでしょうか。

この記事が、就職できるのか不安なFTMの方の助けになれば嬉しいです。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

LGBTの就活は、当事者の抱えている悩みが多様であることからも、1つ1つのストーリーに耳を傾けることがとても大切です。

こうした背景から生まれたのが、「現場からは以上です🌈」
現場から企業への社内報として、就職活動や実際に働いた経験のある方などが、ご自身の声に想いを乗せて当事者へ、企業へ、社会へ届ける音声コンテンツです。

私、deideiもプロジェクトに参加してます!
【No.5の1部】男性、女性どちらで就活するのか

これから就活をされる方、企業でLGBT対応をされる方はぜひのぞいでみてください。

「LGBT就活の現場の声を吸い上げるアンケート」も現在募集中です。
質問は全部で16項目。必須項目(1・2)以外は、該当する質問項目のみの回答が可能です。自由記載のみの回答も行えます!誰にも言えない、聞くことが出来ない想いをこちらで受け取り、未来へ繋げます。

>> 「現場からは以上です🌈」はコチラ

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。
関連記事