戸籍の性別変更

【性同一性障害】戸籍の性別は再変更できる?

FTM 戸籍 性別 再変更

戸籍の性別を変更をして自認する性別で生活できるようになったけど、思ってた生活と違う…
性別の変更を取り消したい…

【deidei】

そんな方に向けて、今回は戸籍の性別変更した後の再変更についてご紹介していきます

戸籍の性別の再変更はできるの?

性同一性障害特例法により、性同一性障害の診断をもらって、いくつかの条件をクリアすると戸籍の性別変更ができますよね。

ただ、特例法は戸籍の性別の再変更を想定して作られてないので、再変更はなかなか難しいのが現状です。

実際に数年前までは性別の再変更はなかなか認められなかったようです。

性別変更後「元に戻したい」 同一性障害、こんな悩みも―朝日新聞デジタル(2017年10月29日)

ですが、戸籍の性別変更後に再変更することはできます

再変更にはどんな手続きが必要なの?

性別の再変更をするためには、『性別変更を取り消す』ことを家庭裁判所に申し立てて、裁判をおこなう必要があります

そのためには、2人以上の医師が「性同一性障害は誤診」だったと診断してもわらないといけません。

詳しい手続きについては調べてもなかなか見つかりませんでした…

もし性別変更後に再変更することを考えている方は、裁判をしないといけないので、弁護士さんに相談してみると良いと思います。
性別変更は非常に繊細な問題なので、LGBT関連の裁判に詳しい弁護士に相談するのが良いんじゃないでしょうか

いろんなトランスジェンダーの裁判について調べてきて、お名前を知った南和行弁護士(なんもり法律事務所)は、過去に性別再変更裁判の代理人を務めたこともあるようです。

実際に再変更した人はいるの?

一度戸籍の性別を変更した後の性別の再変更をした人はいます。

一番古い事例だと、2013年07月に裁判所が取り消した例が1件あると法務省が公表していました。
その時も、「当事者が自身の性を誤信し、医師の診断も誤っていた」との理由だったようです。

そのほかにも、2017年11月に西日本の家庭裁判所で認められた事例があります。

性別変更の取り消し、家裁が認める 医師「誤診した」―朝日新聞デジタル

最近では、2020年10月15日のAMEBA Primeで性別の再変更について特集されていました。

性別再変更した当事者に聞く「男性として働いて違和感があった」トランスジェンダーを巡る新たな課題とは?【LGBT特集】

じゃあ、どのくらいの人数が戸籍の性別を再変更しようとしているかというと、

アメリカでは性別変更をした人のうち、再変更した人が”8%”

日本では、はりまメンタルクリニック院長の針間先生が把握しているだけでも、裁判所に申し立てを考えているような方を含めて”10人弱”いるそうです。

まとめ

ということで、今回は以上です。

性別に違和感があるからといって、必ず『性同一性障害』であり性別適合手術をして戸籍の性別を変えないといけないわけではありません

最近では、Xジェンダー(男女どちらか片方のみに属した性自認を持たない人)という、セクシャリティも認知されるようになってきました。

性別を再変更して元の性別に戻せたとしても、治療によって変化した身体や声は戻りません

本当に戸籍の性別を変更することが自分にとって最適な選択なのかをよく考えて治療を進めてほしいなと思います。

ただ、現在では、戸籍の性別変更条件の一つである、手術に関する条件をなくそうという動きもあるようです。

性別変更「手術要件なくして」 LGBT議連が「性同一性障害特例法」の要件について関係者からヒアリング―HuffPost

今後は、手術などの治療をしなくても、戸籍の性別を変更できるようになるかもしれませんね。

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。