通称名使用

保険証の通称名・裏面性別記載する方法

保険証に表示してる名前って通称名に変えられないのかな?
通称名に変えたとしても、性別がかかれてたら使いにくいな…

【deidei】

そんな方に向けて、どうすれば『保険証』の通称名記載や性別の裏面記載できるのかご紹介します。

また、実際にあなたの保険証で通称名や性別に関して対応してもらえるのかは、保険者に問い合わせないとわかりません。
そのため、記事の後半では健康保険の種類・見分け方もご紹介します。

通称名・性別の記載の変更について

厚生労働省から平成29年(2017年)に通達された、「被保険者証の氏名表記について」には、条件付きで保険証への通称名記載可能であることが書かれています。

原文はかなり長いので端的にまとめると、

  • 性同一性障害の診断書、通称名の使用実績があれば申請可能
  • 表面は通称名だけ記載するなど、表記を工夫してOK
  • ただし、裏面に戸籍上の氏名を記載する

↓ 原文はコチラ ↓

◆性同一性障害◆を有する被保険者から、被保険者証において通称名の記載を希望する旨の申し出があり、保険者がやむを得ないと判断した場合には、被保険者証における氏名の表記方法を工夫しても差し支えない。

また、被保険者証における氏名の表記方法については、被保険者証が本人確認書類として利用されることがあることに鑑み、裏面を含む被保険者証全体として、戸籍上の氏名を確認できるようにすること。

例えば、被保険者証の表面の氏名欄には「通称名」を記載し、裏面の余白に備考として「戸籍上の氏名は○○」と記載することや、被保険者証の表面の氏名欄に「戸籍上の氏名」を記載するとともに「通称名は○○」と併記すること等が考えられる。

さらに、保険者において、◆性同一性障害◆を有するか否か判断するために、医師の診断書等の◆性同一性障害◆を有することを確認できる書類及びその通称名が社会生活上日常的に用いられていることが確認できる添付書類を求めること。その際、別添の申出書の参考様式を適宜加工して利用しても差し支えない。

出典:被保険者証の氏名表記について(平成29年10月18日)-厚生労働省

ただし、厚生労働省の通達では、保険証に通称名を記載しても良いという記載をしているため、あなたの入っている健康保険で通称名を使えるかは、確認する必要があります

また、保険証の性別記載についても、厚生労働省から平成24年(2012年)に回答された、「国民健康保険被保険者証の性別表記について」には、性別の裏面記載可能であることが書かれています。

端的にまとめると、

  • やむを得ない理由があると保険者が判断した場合、性別の裏面記載OK
  • ただし、戸籍上の性別が保険医療機関等で容易に確認できるよう配慮する

↓ 原文(抜粋)はコチラ ↓

2 被保険者証における性別の表記方法の見直しについて
上述した観点から、性別は被保険者証の必要記載事項として、被保険者証の表面に性別欄を設けるとともに、戸籍上の性別を記載することとしています。

しかしながら、被保険者から被保険者証の表面に戸籍上の性別を記載してほしくない旨の申し出があり、やむを得ない理由があると保険者が判断した場合は、裏面を含む被保険者証全体として、戸籍上の性別が保険医療機関等で容易に確認できるよう配慮すれば、保険者の判断によって、被保険者証における性別の表記方法を工夫しても差し支えありません。例えば、被保険者証の表面の性別欄は「裏面参照」と記載し、裏面の備考欄に「戸籍上の性別は男(又は女)」と記載すること等が考えられます。

3 他の医療保険制度での取扱いについて
国民健康保険の他の保険者並びに後期高齢者医療制度、健康保険及び船員保険の保険者においても、上記2の取扱いができることについて、各保険者に対して別途お知らせする予定です。

出典:国民健康保険被保険者証の性別表記について(回答)(平成24年9月21日)―厚生労働省

実際に、大阪市が2019年10月1日に更新している情報を確認してみると、
国民健康保険被保険者証(保険証)の通称名記載や性別の裏面記載を実施しているようです。

大阪市では、厚生労働省の通知に基づき、性同一性障がい(からだの性とこころの性が一致しないため、社会生活に支障がある状態)の方の国民健康保険被保険者証(以下、「保険証」という)等を、届出により通称名にて交付いたします。
また、届出により性別を裏面に記載した保険証等を交付いたします。

注:表記イメージ(保険証の場合)
保険証表面に通称名を記載し、裏面に戸籍上の氏名・性別を記載します。

出典:国民健康保険被保険者証等の氏名及び性別表記について―大阪市

厚生労働省の通達では、通称名の記載・性別の裏面記載を認めていますが、
あなたが入っている健康保険でも『同じ対応をしてもらえるか』・『申請に必要なものは何か』を確認してみないとわかりません

ここからは、どこに問い合わせればいいかわからない方のために、健康保険の種類や見分け方について紹介します。

健康保険の種類

健康保険には大きく3種類あります。

  • 社会保険
    会社員や教務員、公務員、またその家族が加入する保険
  • 国民健康保険
    社会保険に加入していない人が加入する保険
  • 後期高齢者医療制度
    75歳以上の人と 65歳以上で一定の障がいがあると判断された人が加入

さらに、どんな会社に所属しているかによって『社会保険』は3種類に分けられます

  • 組合健保
    対象となるのは大企業やその傘下にある企業、グループ企業などの社員
  • 協会けんぽ
    対象となるのは主に中小企業に勤める人
  • 共済組合
    共済組合には、公務員や私立学校の教職員とその扶養家族が加入します

種類の見分け方

【保険者番号の桁数】や【はじめの2桁】を見ると、どの健康保険に入っているかわかります。

社会保険

保険者番号が8桁であれば【社会保険】です。
その中で、はじめの2桁によって細かく分類されています。

保険者番号01
協会けんぽ
「全国健康保険協会(都道府県名)支部」

保険者番号02
協会けんぽ
「全国保険協会 船員保険部」

保険者番号06
組合健保
「(企業名)保険組合」

保険者番号31
国家公務員共済組合
「(省庁名)共済組合」

保険者番号32
地方公務員共済組合
「(都道府県名/市町村名)共済組合」

保険者番号33
地方公務員共済組合
「警察共済組合」

保険者番号34
地方公務員共済組合/日本私立学校振興・共済事業団
「公立学校共済組合/日本私立学校振興・共済事業団」

あなたの健康保険が、【社会保険】であれば、会社の社会保険を管理している部署か、保険者へ問い合わせてみてください。

国民健康保険

保険者番号が6桁であれば、【国民健康保険】です。
保険者名称は「市町村名」か「(業種名等)国民健康保険組合」となっています。

あなたの健康保険が、【国民健康保険】であれば、加入している市町村に問い合わせてみてください。

市町村によっては、大阪市のようにホームページで情報を公開していることがあるので、『市町村名 保険証 通称名』などで検索してみてもいいかもしれません。

後期高齢者医療制度

保険者番号の初めの2桁が「39」であれば、後期高齢者医療制度です。

まとめ

ということで、今回は以上です。

『保険証』の通称名・性別の記載については、このようになっています。

【通称名】

  • 性同一性障害の診断書、通称名の使用実績があれば申請可能
  • 表面は通称名だけ記載するなど、表記を工夫してOK
  • ただし、裏面に戸籍上の氏名を記載する

【性別】

  • やむを得ない理由があると保険者が判断した場合、性別の裏面記載OK
  • ただし、戸籍上の性別が保険医療機関等で容易に確認できるよう配慮する

どの保険に入っているかによって、記載方法や必要書類などが変わるので、保険者に問い合わせて確認してみてください!

問い合わせ先は、

【社会保険】
会社の社会保険を管理している部署または保険者

【国民健康保険】
加入している市町村など
『市町村名 保険証 通称名』などで検索してもOK

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。