LGBTの本・ドラマ

LGBTの絵本おすすめ3選

LGBT 絵本

子どもにLGBTのことを知ってもらいたいけど、分かりやすい絵本とかないかな...

【deidei】

そんな方に向けて、親子で楽しみながらLGBTを知ることができる、おすすめの絵本をご紹介します。

ふたりママの家で

私たち3人きょうだいには、ママがふたりいる。みんな「ふたりママ」のことが大好きだけど、中には違う考えをもつ人がいて…。遠い国から養子に迎えられた女の子が、家族との思い出を語るあたたかい物語。【「TRC MARC」の商品解説】

2人のママに育てられている子どもの目線で語られる、何気ない日常を描いた温かいお話です。

この本は、クラウドファンディングを活用して、サウザンブックスが翻訳・出版したもの。原題は「In Our Mothers’ House」。

典型的な家族のイメージは、「お父さんとお母さんとその二人の間に生まれた子ども」ですよね。でもこの絵本は家族の在り方は多様性があっていいんだと教えてくれます。

シングルマザーやシングルファーザー、里親・養子、LGBTの家庭。

典型的でない家族は特別な存在ではなく、当たり前のように暮らしていて、愛情を持って子どもと接しているんだと感じました。

もちろん、そんな家族に理解を示さない隣人が出てきます。
どんなに理解されなくても、堂々としてる2人のママの姿にはとても勇気づけられます。

【deidei】

いろんな家族の在り方があっていいんだよと子どもに伝えたいときに読み聞かせたい絵本です。

パトリシア・ポラッコ (著, イラスト), 中川 亜紀子 (翻訳)
出版社:サウザンブックス社
発売日:2018/11/1

タンタンタンゴはパパふたり

動物園にはいろんな家族がいます。でも、ペンギンのタンゴの一家は、そのどれとも違っていました。タンゴにはパパがふたりいるのです。ニューヨークの動物園で本当にあったペンギンの家族のお話。【「TRC MARC」の商品解説】

ニューヨークのセントラル・パーク動物園で実際にあった話で、アメリカではLGBTを子どもたちに伝えるきっかけとして昔から読まれている絵本だそうです。

小説「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」(プレディーみかこ著)の中でも紹介されていました。

アゴヒモペンギンのロイとシロはすごく仲良しで、男の子同士で巣を作り、かわるがわる石を温めだしました。

そのことに気づいた飼育員が、他のカップルが育てられなかった本物のたまごをあげて、温めているうちに生まれたのが「タンゴ」。

「ふたりママの家で」と同じように典型的な家族ではないものの、2人のパパの愛情深さが伝わってきます
血がつながっていなくても本当の家族なんだなと感じました。

【deidei】

可愛いペンギンのお話なので、楽しく読みながら、こんな家族もいるんだなと受け入れることが出来るんじゃないでしょうか。

ジャスティン リチャードソン (著), ピーター パーネル (著), ヘンリー コール (イラスト), 尾辻 かな子 (翻訳), 前田 和男 (翻訳)
出版社:ポット出版
発売日:2008/4/16
↓ Amazonなら試し読みができます

くまのトーマスはおんなのこ

少年エロールとくまのトーマスは友だち。ある日、トーマスが、自分は男の子ではなく女の子のくまだと告白し…。男性から女性に性別移行した父親をもつ娘が、息子に読み聞かせたいと作った、トランスジェンダーがテーマの絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

男の子だと思われていたぬいぐるみのくまは、実は女の子の心を持っていたという、トランスジェンダーを題材にしたお話です。

作者のジェシカ・ウォルトンの父は男性から女性に性別移行したトランスジェンダーでした。ジェシカは自分の息子エロールに読んで聞かせるために絵本を制作し自費出版されたものだそうです。

大切な友達に本当のことを言ったら、もう友達じゃなくなってしまうんじゃないかという葛藤するシーンもありますが、

勇気を出して、友達のエロールに伝えたときのエロールの言葉がとても印象的です。

ぼくはきにしないよ。

きみがおんなのこでもおとこのこでも。

だいじなのはきみがぼくのともだちってことさ。

『くまのトーマスはおんなのこ』より

トランスジェンダーについて知るだけでなく、多様性を認める大切さも描かれています。

【deidei】

大切なのは、自分がどうしたいか正直になること。
友達に気持ちを打ち明けられた時に受け止めてあげること。

そう語りかけてくれているような優しいお話です。

ジェシカ ウォルトン (著), ドゥーガル マクファーソン (イラスト), かわむら あさこ (翻訳)
出版社:ポット出版プラス
発売日:2016/12/7
↓ Amazonなら試し読みができます

トランスジェンダーに関するマンガも読んでみたい方は、こちらもぜひ参考にしてみてください。
>>FTMのマンガおすすめ3選

ということで、今回は以上です。

絵本は伝えたいことがコンパクトに分かりやすく描かれているので、子どもと一緒にLGBTのことを知れるとても良い教材です。

ぜひ親子で楽しみながらお勉強してみてください!

【deidei】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。