LGBTの本・ドラマ

【あなたの読みたい!が見つかる】LGBTの本123選

LGBT 本 おすすめ

LGBTに関する情報収集なら本が一番!

本屋さんなどであまり目にすることのないLGBTの本も、これまで200冊以上出版されてるって知ってましたか?

その中でも、LGBT当事者・非当事者の方の参考になる本を123冊ご紹介します。

きっとあなたの悩みを解決する1冊知りたい!に答える1冊が見つかるはずですよ。

LGBTの基礎知識を知る9冊

「ふつう」ってなんだ? LGBTについて知る本

性について悩んでいる子だけでなく,友だち・周りの大人も知っておきたい!
「LGBT」に関する疑問や不安にこたえる1冊。

Amazon商品紹介より

13歳から知っておきたいLGBT+

性とジェンダーの多様性について学べるパーフェクト・ガイド。約40人のLGBT+のインタビューを収録し、図やイラストも豊富に使ってLGBT+をわかりやすく説明する。本人・友人・親・先生・同僚、みんな読んでる入門書&決定版!

honto商品説明より

個「性」ってなんだろう? LGBTの本

しだいに大人の体に変化するころは、体も心も大きく揺れ動くことがあります。自分の体や性について迷ったり、人とは違う事を悩んだりしたことがありますか? この本では多数派や一般論にとらわれない、性のあり方、恋愛観があることを知ることができます。心と体の関係、性の多様性を理解することで、人間本来の持つ豊かな心を育み、自分や友だちの個性を受け入れていく本です。

honto商品説明より

はじめて学ぶLGBT 基礎からトレンドまで

「性自認」「性的指向」といった基本的な用語、カミングアウトや学校教育、当事者の健康、法律上の問題、自治体の取り組み、市民生活…。さまざまなアプローチから、LGBTにまつわる基礎的な知識をわかりやすく解説する。

honto商品説明より

LGBTってなんだろう? 自認する性・からだの性・好きになる性・表現する性

LGBT(同性愛者・性同一性障害者等の性的マイノリティ)の子どものこころに寄り添うための本。学校の設備や行事、制服、友だち、将来、いじめなど、LGBTの学生50人以上の声を紹介しています。

教育に携わる人はもちろん、子どもとかかわるすべての大人に読んでもらいたい1冊です。

honto商品説明より

きみは世界でただひとり~ おやこで話す はじめてのLGBTs

好奇心旺盛な子どもたちは、たくさんの疑問を抱き、親に質問してきます。 
そんな時、「なんて答えたらいいか」「どうやって教えたらいいか」困ってしまうテーマのうち、とくに「答えづらいけど生きていくうえで大切なこと」を親子で会話しながら考えるためのシリーズ。
第一弾のテーマは、「LGBTs」。いざ子どもから「LBGTsって何?」「私たちと何がちがうの?」などと聞かれたら困ってしまうのでは?そんな「からだの性」と「こころの性」のことを、親子で考えるのが本書の目的。本書をとおして、親子で一緒に「性」や「自分らしさ」について考えていきましょう。

honto商品説明より

LGBTを読みとく ─クィア・スタディーズ入門

最近よく見かける「LGBT」という言葉。メディアなどでも取り上げられ、この言葉からレズビアン、ゲイの当事者を思い浮かべる人も増えている。しかし、それはセクシュアルマイノリティのほんの一握りの姿に過ぎない。バイセクシュアルやトランスジェンダーについてはほとんど言及されず、それらの言葉ではくくることができない性のかたちがあることも見逃されている。「LGBT」を手掛かりとして、多様な性のありかたを知る方法を学ぶための一冊。

honto商品説明より

LGBT初級講座 まずは、ゲイの友だちをつくりなさい

今、必修のキーワード「LGBT」は、L(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシャル)T(トランスジェンダー)というセクシャル・マイノリティの総称です。本書は、ゲイであることをカミングアウトし、現役電通マンと認定NPO法人の二足のわらじを履いて活躍する著者が、自らの生い立ちも赤裸々に語りながら、LGBTといっしょにハッピーな世の中をつくりましょうと問いかける一冊。ゲイ能力を身につければ、絶対得します。

Amazon商品紹介より

四巨頭会談―男好きの男と女好きの女と女だった男と男だった女

ゲイ、レズビアン、FtM、MtF……ちがうセクシャリティをもつ四人が集まって、性やら恋やら身体について、酒を飲みながら、お菓子を食べながら、のんべんだらりと語った対談集。

強い主義や主張をしない、「ふつう」に生きる彼らの、ラフでわかりやすいセクシャリティの話。エッセイまんが12本も収録、対談部分もイラスト満載で読みやすい1冊です。

honto商品説明より

性の多様性を考える2冊

性の多様性ってなんだろう?

あなたの“性”はなんですか? LGBTだけじゃない、「普通」の性のあり方も通して、どう社会の中で生きていくかを考えるための本。

honto商品説明より

ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ

「LGBT」や「ジェンダー」などの言葉が広がる昨今。私たちは、どれくらいその意味や実態を知っているでしょうか?「多様性」が問うているのは、実はマイノリティの尊厳だけではなく、他ならぬ私たち一人ひとりの生き方かもしれません。誰もが自分らしく生きられる社会にするために、まずここから一緒に考えてみませんか?

honto商品説明より

LGBT当事者の悩みを解決する2冊

LGBT 専門医が教える 心・体そして老後大全

当事者が抱える心・体・老後のリアルな悩みに性同一性障害の専門医がズバリ回答!
家族・友人・同僚が知りたい情報も満載!

honto商品説明より

セクシュアル・マイノリティQ&A

セクシュアル・マイノリティの当事者が直面する日々の生活における悩みから人生の転機にかかわる悩みまでを取り上げ、Q&A形式で具体的な解決策を示す。現在の法律や制度、法律相談の仕方も説明する。

honto商品紹介より

LGBTと法律について知る2冊

LGBTをめぐる法と社会

LGBTという生き方をめぐり、多数派の性的指向や性自認をもつ人々のみを前提とした法と社会のあり方を問い直す。2018年に中央大学で開催された連続公開講座をもとに書籍化。

honto商品紹介より

LGBTsの法律問題Q&A

すべてのセクシュアル・マイノリティ当事者そしてその関係者が必ず直面する法律上の諸問題を弁護士が、Q&Aの形式で、わかりやすく解説します。弁護士が書いたはじめての本です。

本書は、セクシュアル・マイノリティの人権と生活にかかわる自治体職員、教職員、企業の人事労務担当者その他専門職にもおすすめします。

Amazon商品紹介より

同性婚・パートナーシップ制度を知る10冊

同性パートナーシップ証明、はじまりました。 渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法

日本で初めての同性パートナーシップ制度はなぜ、どのようにして生まれたのか。
渋谷区では、池山世津子(渋谷区教育長)、岡田マリ(渋谷区議会議員)、栗谷順彦(渋谷区議会議員)、桑原敏武(前渋谷区長)、杉山文野、長谷部健(現渋谷区長)、松中権の各氏、世田谷区では、上川あや(世田谷区議会議員)、西川麻実、保坂展人(世田谷区長)の各氏にインタビューを行ない、同性パートナーシップ制度が生まれるまでを追いかけた。

また、渋谷区・世田谷区で証明書の交付、宣誓書受領書の交付を受けるには、どのような手続きが必要か。
渋谷区で必要な合意契約公正証書とはどんな項目で作ればいいのかなど、詳細に解説する。

honto商品紹介より

同性パートナーシップ制度―世界の動向・日本の自治体における導入の実際と展望―

諸外国の同性婚やパートナーシップの歴史と現状を紹介。また渋谷区・世田谷区が同性パートナーシップ制度を設けた経緯や背景を振り返り、実務や制度運用の実態、課題を詳述。制度設計に関わった弁護士、政治家らの声も伝える。

honto商品紹介より

同性婚 だれもが自由に結婚する権利

同性婚を認めないのは、憲法違反。2015年7月、同性婚の法制化を求め、455名が日弁連に人権救済を申し立てた。なぜ法制化を求めるのか、どんな生きづらさ、利益があるのか―。当事者たちの切実な声を織り交ぜながら、その実態を明らかにするとともに、婚姻制度にかかわる憲法や民法の論点、世界の動きなども解説。同性婚を憲法上の権利として確立したアメリカ最高裁判決の日本語訳も収載。

Amazon商品紹介より

パートナーシップ・生活と制度

カップルのパートナーシップの形は、法律婚だけでなく、結婚を選ばない事実婚や、結婚を選べない同性間パートナーシップなど、近年、多様化している。だが、社会の理解や法的保護が不充分なため、そうしたカップルの権利を守ることができず、さまざまな問題が発生している。本書は、実際の生活における問題点を取り上げ、その対応策を提案し、パートナーシップをめぐる世界的な動きを紹介しながら、新たなパートナーシップ制度を考える。増補改訂版では、アメリカで同性婚が認められるなど、最近の世界各国における同性婚承認の動きや、日本国内では渋谷区や世田谷区での「同性パートナーシップ証明」の制定など社会的理解の進展を踏まえ、全面的に内容を改め増補した。

Amazon商品説明より

内縁・事実婚・同性婚の実務相談

年金はもらえる? 介護保険・健康保険はどうなる。
税金はどうなる? 住民票はどうなる。

「お金と暮らし」を切り口に、起こり得る困りごとを具体的に解説
当事者はもちろん、支援する実務家も必携の一冊!

Amazon商品説明より

ふたりで安心して最後まで暮らすための本

お金、医療、老後…。法的保障がほぼない同性カップルが知っておくべき知識と情報を、ゲイの行政書士かつFPが教えます。書き込み欄あり。もしもに備える伝言ノート、ジャケットそでに切り取って使う緊急連絡先カードつき。

honto商品紹介より

同性婚 私たち弁護士夫夫です

同性愛者である弁護士が、自身の同性婚や、弁護士として関わってきた同性愛者の葛藤と困難、そして法律が家族や婚姻をどう捉えているのかについて述べる。憲法24条と同性婚についても論じる。

honto商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

同性婚 私たち弁護士夫夫です
同性パートナーが異性カップルのような「当たり前の生活」をするには現在の法律では結婚できない同性カップルが、異性カップルと同じように暮らすにはどうすればいいか知りたいですか? この記事では、LGBTの法律相談実績もある、弁護士夫夫の南 和行さんの書籍『同性婚』から、異性カップルと同じように当たり前の生活をするための方法をご紹介します。...

同性婚のリアル

同性婚の先駆者の2人が語る現状とは。アメリカやアイルランドの同性婚の法制化や、渋谷区や世田谷区での同性パートナーシップ証明書発行などで、話題になっている「同性婚」。この同性婚の現状について、「カミングアウトの悩み」「結婚を決めるまで」「結婚式の喜びと苦労」などを、レズビアンカップルのお二人に語っていただく一冊。またお二人と同様に結婚式を挙げたゲイカップルとのクロストーク形式での対談も収録。

honto商品紹介より

同性婚で親子になりました。

「親子になる」ってどういうこと?同性婚のメリット・デメリットは?家族への報告って必要?役所への書類提出ってどうやるの?こんな疑問にマジメに取り組んだバカップルの話。LGBTの悩みに取り組む行政書士のコラムも収録したコミックエッセイ!

Amazon商品紹介より

母ふたりでかぞくはじめました。

ホント、大変!継母と継母で息子、娘の3人を子育て。結婚できないふたりが“かぞく”を作り、結婚できない仲間たちと立ち上がるまで!「結婚の自由をすべての人に」訴訟、その原告でもあるLGBTカップルの20年。

Amazon商品紹介より

LGBTの歴史を知る3冊

レインボーフラッグ誕生物語―セクシュアルマイノリティの政治家ハーヴェイ・ミルク

ゲイの人権活動家ハーヴェイ・ミルクとデザイナーのギルバート・ベイカーによって、セクシュアルマイノリティの誇りのシンボルとして生まれたレインボーフラッグ。その歴史と、ハーヴェイ・ミルクの歩んだ道を紹介します。

honto商品説明より

LGBTヒストリーブック 絶対に諦めなかった人々の100年の闘い

ピンクの三角形、ラヴェンダー狩り、ストーンウォールの反乱、ハーヴィー・ミルクの暗殺、エイズ危機、ヘイトクライム、数々の裁判、同性婚の実現…。LGBTの権利を求めて闘った100年にわたる歴史は、一進一退を繰り返しながら、一歩ずつ一歩ずつ、時には劇的に、前へ前へと進められていきました。そこには、決して諦めることのなかった、有名無名を問わないたくさんの「ヒーローたち」の活躍がありました。歴史をつくるのは、人なのです。人と人のつながりが、歴史を動かし、未来を切り開いていくのです。

Amazon商品説明より

レスビアンの歴史

女は男に愛されなければ、経済的に支えられなければ、生きてはゆけないのだろうか―フェミニズムの登場以前に、その問いに真摯に立ち向かった女たちがいた。女を人生のパートナーに選んだ女たちである。19世紀末、「ロマンティックな友情」と呼ばれて称賛された女どうしの友情と愛は、性科学の隆盛とともに「変態」の烙印をおされ、“女らしくない”ふるまいはすべて「レスビアン」とみなされるようになる。そして60年代のゲイ解放運動の爆発、レスビアン・セックス論争…。19世紀末から90年代の現在に至る、アメリカ100年の女性愛の歴史。ピューリッツァー賞候補。ラムダブック賞受賞。

Amazon商品紹介より

世界のLGBTの現状を知る4冊

日本と世界のLGBTの現状と課題

欧米などの関連法制定の動向を各国の大使館代表が、日本の大学の取り組みを学長などが語り、日本に求められる立法その他の課題を提示。

Amazon商品説明より

現地レポート 世界LGBT事情――変わりつつある人権と文化の地政学

基本的人権として世界各地で認識されはじめているLGBT(性的マイノリティ)。約50か国を取材し、文化やメディアの状況にも目配りしつつ、各国のLGBTのおかれている状況をレポートする。

Amazo商品紹介より

ぼくが小さなプライド・パレード 北欧スウェーデンのLGBT+

LGBT+フレンドリー先進国・北欧スウェーデンの当事者たちが語る、愛と勇気のリアル・ストーリー。ジェンダーレス幼稚園や世界初の性的マイノリティ専用高齢者住宅など最新のトレンド、スウェーデンにもまだある課題とは? 差別を知らない若者、子育て世代やシニア世代、当事者家族など、多様性あふれるインタビューも多数収録。日本大好きなスウェーデン人による、日本の読者のための書きおろし。

honto商品説明より

ロシアの「LGBT」

性的指向や性自認の問題はロシアではどう扱われているのか。ソチ五輪の開会式ボイコットで世界的に注目された同性愛宣伝禁止法にいたる抑圧と寛容の歴史を中世までさかのぼって振り返り、現在の「LGBT」運動の展開やトランスジェンダーの活動家への取材を通じて共に生きる社会を考える。

honto商品説明より

LGBTの小説6冊

ヒゲとナプキン

女として育てられ、現在は男として生きるイツキ、28歳。ある日、職場に過去を知られ、平穏な日々にさざなみが立ち始めた。私生活ではパートナー女性が出産への思いを口にする…。社会や家族と生身で向き合った先に、イツキは光を見出せるか。男とは、女とは、そして家族とはなんだろう…。「世間のフツー」を鋭く、軽やかに問い直す意欲作。

Amazon商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

ヒゲとナプキン
FTMの恋人との将来が不安な方へ『ヒゲとナプキン』 【deidei】 トランスジェンダーのdeideiがLGBTに関する本を紹介するコーナー第2回目に紹介する本はコチラ! ...

#塚森裕太がログアウトしたら

「俺は、同性愛者です」高3のバスケ部エースがSNSでカミングアウト。彼の衝動は思わぬ波紋を広げ…。痛みと希望が胸を刺す、青春群像劇。

Amazon商品紹介より

彼らが本気で編むときは、

優しさに満ちたトランスジェンダーのリンコと彼女の心の美しさに惹かれすべてを受け入れる恋人のマキオ。そんなカップルの前に現れた愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人がそれぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日間を描いた物語。

Amazon商品紹介より

ミッドナイトスワン

トランスジェンダーに芽生えた愛と母性の物語。
映画「ミッドナイトスワン」の監督がみずから書き下ろした感動の小説。

故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙。
ある日、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることになる。
常に片隅に追いやられてきた凪沙は、孤独の中で生きてきた不幸なバレリーナの一果と出会い、母性の芽生えを自覚するが……。
切なくも美しい現代の愛を描く奇跡の物語。

草なぎ剛主演、映画「ミッドナイトスワン」の物語を、監督みずからが小説のかたちで描いた感動作。

Amazon商品紹介より

パンツ・プロジェクト

リヴは中学1年生。外見は女の子でも、自分は男の子だと思っている。違和感を探るうちに「トランスジェンダー」という言葉に行き当たったリヴは、「女子はスカートをはく」という校則と闘うことに…。さわやかな青春小説。

honto商品説明より

リリーのすべて

1920年代、デンマーク。画家のアイナー・ヴェイナーは、同じく画家である妻グレタに頼まれて女性モデルの代理を務めたことをきっかけに自らの中に潜む“女性”に気づいていく。やがて“リリー”という女性として生きることを決意するアイナーを妻は理解し、献身的に支え、愛し続けるが…。世界初の性別適合手術に成功した人物の実話を基にした、切ない愛の物語。トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン主演映画原作。

Amazon商品紹介より

LGBTの絵本8冊

あおいらくだ

旅に出たあおいらくだ。ある日、茶色いらくだと出会います。 最初はお互いの違いに驚き、とまどいつつも、違うことの楽しさ、素晴らしさに気づいていきます。みんな違うからこそ、みんないい!

他者との違い、感じ方、考え方の違いを知ることのわくわくどきどき! 多様性を認める感性を培うことのできる絵本。

LGBTQ、発達障害、海外ルーツの子どもたちなど、共生社会の土壌をはぐくむのに最適です。

honto商品説明より

ふたりママの家で

私たち3人きょうだいには、ママがふたりいる。みんな「ふたりママ」のことが大好きだけど、中には違う考えをもつ人がいて…。

遠い国から養子に迎えられた女の子が、家族との思い出を語るあたたかい物語。

honto商品説明より

タンタンタンゴはパパふたり

動物園にはいろんな家族がいます。でも、ペンギンのタンゴの一家はそのどれともちがっていました―。本当にあったペンギンの家族のお話。

米国図書館協会のNotable Children’s Bookに選定。数々の賞を受賞した話題作。

honto商品説明より

ふたりのパパとヴィオレット

男同士で手をつないだり、ハグしたりするヴィオレットのふたりのパパのことを同級生はばい菌扱い。ヴィオレットもそのことでイジメられています。でも、3人はお互いを思いやる大切な家族で…。多様な性のあり方にふれる絵本。

honto商品説明より

くまのトーマスはおんなのこ ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし

少年エロールとくまのトーマスは友だち。ある日、トーマスが、自分は男の子ではなく女の子のくまだと告白し…。男性から女性に性別移行した父親をもつ娘が、息子に読み聞かせたいと作った、トランスジェンダーがテーマの絵本。

honto商品説明より

ぼくがスカートをはく日

今度、学校で演劇のオーディションが開催される。ぼくは、女神の役をやりたい。ぼくは、ただ、本物の女の子になりたい−。自分らしく生きる道を選択した、トランスジェンダーの少年の姿を描いています。

honto商品説明より

ジュリアンはマーメイド

表情豊かな美しい絵で描かれた
人魚になりたかったぼく、ジュリアンの物語

おばあちゃんとスイミングの帰りに、マーメイドのおねえさんたちと出会ったジュリアン。きれいな髪、きらめくドレス、とびきり素敵な笑顔。そしてジュリアンは、おばあちゃんに「ぼくもマーメイドなんだ」と打ちあけ…。

ボローニャ・ラガッツィ賞(伊)、ストーン・ウォール賞大賞(米)受賞作品。

Amazon商品説明より

王さまと王さま

お姫さまと王子さまが結ばれるだけでなく、王子さまと王子さまが結ばれるお話があっていい。オランダで生まれ、世界各国で翻訳されているLGBTをテーマにした絵本。同性を好きになってもちっとも不思議じゃない!

honto商品説明より

カミングアウトを考える4冊

カミングアウト・レターズ

ゲイ/レズビアンの子とその親、生徒と教師の往復書簡。家族への、身近な人への告白。初めてうちあける子どもの思い。母親の驚き、葛藤、そして受容。生徒と教師の真摯な対話。18歳から82歳まで、7組19通の手紙と2つのストーリーを編んだ。ゲイ/レズビアンの子をもつ親たちの座談も収録。

honto商品紹介より

カミングアウト

自分が性的少数者であると打ち明けること。それは必然的にわたし/あなたの関係の再構築を要請する。拒絶されるかもしれない。でも、本当の自分を受け入れてほしい―躊躇いながらカミングアウトを決断した人たちと、その家族。両者の葛藤の先に何が待っているのか。8つのストーリーから探る、カミングアウトの現在。

Amazon商品紹介より

LGBTと家族のコトバ

日本では今、LGBT当事者は13人に1人いると言われている。
これは、左利きの人やAB型の人の割合とほぼ同じ数。
それでも、性的マイノリティとして、いまだ偏見や差別にさらされることも多い。
本書は、そんなLGBT当事者とその家族たち15名が、
赤裸々な半生を語ったインタビュー集だ。
葛藤の先に見つけた、自分たちらしい〝家族のかたち〟とは?
彼らの〝コトバ〟には、すべての人に共通する「幸せの本質」があった―。

honto商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

LGBTと家族のコトバ
LGBTとカミングアウトされた側が、否定や偏見を乗り越えるヒント 最近では、各都道府県で同性パートナーシップ制度を導入したり、同性婚の裁判が行われている中で、『LGBT』という言葉を目にするようになり...

カミングアウト――LGBTの社員とその同僚に贈るメッセージ

BPを世界最大級のエネルギー企業へと育て上げ、「世界で最も尊敬されるCEO」にも選ばれた著者を、前代未聞のスキャンダルが襲った。少年期から隠し続けてきた秘密が暴露され、心も名誉も傷つき、屈辱的な辞職に至る。だが、それは新たな素晴らしい人生の始まりだった―。LGBTの人々は職業生活の中でどのような問題に直面し得るのか。同僚は、企業は、彼らをどう支え、どう協働していけるのか。誰もが自分自身でいられる職場をつくるため、あなたには何ができるだろうか。世界的なビジネスリーダーが職業人生の中でゲイである自分を隠し続けた日々とカミングアウトの経験、そして100人以上のLGBTの人々への取材から語る、職場における性的少数者と周囲の人々へのメッセージ。

Amazon商品紹介より

教育現場でのLGBT対応を知る3冊

教育とLGBTIをつなぐ 学校・大学の現場から考える

児童・生徒と学生が自分の性自認で悩まされることなく安心して学べる教育環境の整備に向けて、教育関係者の意識転換と具体的な施策が求められている。教育現場で起きている問題を明らかにし、誰もが多様な性を自分らしく生きる自由を保障する方策を提言する。

honto商品紹介より

LGBTQ+の児童・生徒・学生への支援 教育現場をセーフ・ゾーンにするために

文部科学省は学校に対し、セクシュアル・マイノリティの児童生徒への配慮を求めているが、現場では、性の多様性に「対応したいが、どうしたらよいかわからない」のが実情だ。子ども同士、あるいは教師からの差別的な発言も多く、学校は当事者にとって、まだまだ安心できる場所とは言えない。本書は、学校に関わる心理援助職と教職員に必要な支援と知識を届け、学校が当事者にとってセーフ・ゾーンになることを目指す1冊である。

honto商品紹介より

学校・病院で必ず役立つ LGBTサポートブック

報道で「LGBT」という言葉を見ない日はないという状況となった今もなお、さまざまな生きづらさを抱えているLGBT当事者、殊に青少年期の当事者が適切なサポートやケアを受けられるよう、学校教育関係者と医療従事者にとって欠かせない情報を凝縮した一冊。
看護・医療・教育の専門家、研究者、当事者、理解者・支援者による共同執筆。コンパクトにまとまったQ&A形式で、知りたいことから一つずつ学んでいくことができます。

Amazon商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

学校・病院で必ず役立つ LGBTサポートブック
LGBTの生徒からの相談、学校側はどう対応すればいい?生徒からLGBTだとカミングアウトされて、どう対応すればいいかわからず困っていませんか? 今回は、『LGBTサポートブック』の中から、具体的な相談事例をピックアップして、対応方法をご紹介します。 ぜひご覧ください。...

LGBTの子どもと向き合う5冊

先生と親のための LGBTガイド

「LGBT」ってホントにクラスに1人いるの?どの子がLGBTか見た目でわかるの?じぶんの態度が子どもを遠ざけているの?LGBTの子がいる。どうしたらいいの?LGBTの子にどんなアドバイスを送ればいいの?一人ひとり性は違っていい。子どもの安心のために、親・先生が知っておきたい、実践したいこと。

Amazon商品紹介より

LGBTの子どもに寄り添うための本 カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A

ゲイの子どもにとって、家族へのカミングアウトは人生の一大事だと言えます。親であるあなたにとっても、それは重要な出来事となるでしょう。聞きたいこと、話し合いたいことが山ほど出てくるかもしれません。そんな状況の中でも、理解を深め、効果的なコミュニケーションをとるためにはどうしたらいいのでしょう?本書は、子どもがカミングアウトしたときに家族が直面するさまざまな問題に対処し、あなたとあなたの子どもが互いに支え合うオープンな関係を続けていくためのガイドブックです

Amazon商品紹介より

うちの息子はたぶんゲイ

夫は単身赴任。息子二人と普段は三人暮らし。親バカなのかもしれないけど、二人とも本当にいい子。ちょっと気になることといえば、息子の浩希の好きな人は男の人なのかも。本人は隠そうとしているけど、バレバレなときもある。まだそのことについて息子とは話してないけど、私が思ってることはこれに尽きる。「うちの息子はたぶんゲイで、素直でとってもかわいいのだ。」お母さんと息子、愛情たっぷりの家族の物語です。

Amazon商品紹介より

ゲイでええやん。–カミングアウトは息子からの生きるメッセージ

学童保育で働く母と、ゲイを告白した息子。 さまざまな子どもと出会いながら、 子どもの生きる力を真正面から受け止め、 まっすぐなまなざしで向き合った感動の手記。 さりげない優しさと愛が、 そこにはあふれている。 

Amazon商品紹介より

子どもの性同一性障害に向き合う ~成長を見守り支えるための本~

自分の性別に違和感を抱く子どもに親と先生ができることとは?大切な未来をよりよく考える!

Amazon商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

子どもの性同一性障害に向き合う
子どもの性別違和の兆候、どう対応すればいい?【幼少期~中学生】子どもが性別違和・性同一性障害ではないかと不安になっていませんか? 今回は、『子どもの性同一性障害に向き合う』の中から、子どもの成長過程(幼少期・小学生・中学生)でどのような兆候が見られるか、どのように対応すればいいかをご紹介します。 ぜひご覧ください。...

SOGIハラスメントを知る2冊

LGBTとハラスメント

「“知らなかった”と“知ってるつもり”が“知って良かった”に変わる、必読の一冊です」――小島慶子氏(エッセイスト)推薦!

いわゆる「パワーハラスメント防止法」が二〇一九年に成立し、あらゆる企業がLGBTに関するハラスメント対策をとり、プライバシー保護の対応を行うことが義務化された。
しかし、未だLGBTに関わる政治家の失言やネットでの炎上事例は後を絶たない。
本書では「よくある勘違い」を多くの実例をもとにパターン分けし、当事者との会話において必要な心構えを紹介。
また、職場における実務面での理解も促す構成となっている。
知っているようで知らない、LGBTの「新常識」がここにある。

honto商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

LGBTとハラスメント
LGBTのこと分かった気になってませんか?【8つのチェックリスト付き】LGBTの言葉の意味を知っただけで満足していませんか? LGBTとはいっても、多様な性の在り方・価値観が存在します。 それによる当事者の悩みも多様です。 今回は、『LGBTとハラスメント』の中から、一見ポジティブだけど、当事者を不快にしているかもしれないことを8つご紹介します、ぜひご覧ください。...
LGBTとハラスメントは
\書籍要約アプリflierでも紹介されてます!/

はじめよう! SOGIハラのない学校・職場づくり

「それってSOGIハラ!?」LGBTQへの差別・いじめ・嫌悪やアウティングなど、性的指向や性自認(SOGI)にかかわるハラスメントの加害・被害を生まないために。日本初の入門書!

Amazon商品紹介より

職場でのLGBT対応を考える6冊

法律家が教える LGBTフレンドリーな職場づくりガイド

多様な人々と共に安心して働き、個々の能力を発揮できる職場を築いていくための必要な知識や考え方、気をつけるべき点などをわかりやすく解説。具体的な事例、想定される問題と解決法なども紹介する。

honto商品紹介より

ケーススタディ 職場のLGBT 場面で学ぶ正しい理解と適切な対応

職場におけるLGBT対応の具体的な手引となる初の書籍‼

この分野の第一人者、企業での講演・研修実績が豊富な寺原弁護士とその所属事務所による編集。

基礎知識と社内Q&A、さらに業界特有のQ&Aを豊富に紹介。
配慮すべきポイントをこの一冊で押さえることができます。

また、最終章の「社内規程改定例」はそっくりそのままお使いいただくことが可能です。

Amazon商品紹介より

トランスジェンダーと職場環境ハンドブック だれもが働きやすい職場づくり

トランスジェンダーの直面する問題と要望に対し、企業ができることとは。国内外の研究に基づく知見や企業事例、実際に働いているトランスジェンダーの声などを紹介する。LGBT・SOGIの基礎知識も収録。

honto商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

トランスジェンダーと職場環境ハンドブック
職場でトランスジェンダーを受け入れるためにできること社内でトランスジェンダー対応をしていますか? 多目的トイレさえあればいい。多目的トイレが作れないから無理だよ。 そんな方に向けて、『トランスジェンダーと職場環境ハンドブック』の中からすぐにできるトランスジェンダー対応をご紹介します。...

虹色チェンジメーカー LGBTQ視点が職場と社会を変える

いま知っておくべきダイバーシティの必読書

近年、LGBTQに関する様々な取り組みが増えている。
本書では、多くの企業で先進的な施策の推進を支援してきた認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」代表の著者が、職場・社会におけるLGBTQに関する施策の具体的な進め方、ノウハウを徹底解説。
実際に有名企業が実践している事例も多数紹介する。
LGBTQの当事者は日常生活でどのような困難を感じ、どのような社会を共に生きていきたいと望んでいるのか――。
人事・労務・法務担当者から就活生まで、いま知っておくべきダイバーシティの必読書。
巻末には資料として「LGBTQの基礎用語」も収録。

Amazon商品紹介より

LGBTIの雇用と労働―当事者の困難とその解決方法を考える

就職活動や労働の場において、当事者が直面する様々な困難を明らかにし、その法的解決方法を分析。また、ILO(国際労働機関)や先進的な企業の取り組み、当事者にむけた就職支援の紹介を通じて、誰もが自分らしく働ける職場とはどのようなものか考えます。巻末には、これだけはおさえておきたい用語解説・判例・法令も収録。

Amazon商品紹介より

職場のLGBT読本 「ありのままの自分」で働ける環境を目指して

人口のおよそ5〜7%強存在すると言われる性的マイノリティ「LGBT」。LGBTをめぐる職場環境の現状、先進的な企業の取り組み事例、職場環境整備のポイントなど、LGBTと職場の問題を広く取り上げて解決策を示す。

honto商品紹介より

LGBT当事者が就職の不安を解消する1冊

自分らしく働く LGBTの就活・転職の不安が解消する本

「セクシュアリティの悩みが原因で、自分らしく働くことをあきらめたくない」本書はそんな思いをもつ方のための一冊です。LGBT就活生・転職者から実際に寄せられたリアルな不安に対する向き合い方と解決策をわかりやすく丁寧に解説します。LGBTの気持ちに寄り添い、理解するにあたって人事・採用担当者、チームリーダー、キャリアセンター職員などにとっても必読です。

Amazon商品紹介より

LGBTマーケティングを考える2冊

ダイバーシティとマーケティング

ダイバーシティ社会に対して、ビジネスはどうあるべきなのか? LGBTや性的マイノリティをダイバーシティの現代的象徴と捉えつつ、彼ら・彼女らに対するビジネスの向き合い方を、マーケティング的視点で検討する。

honto商品紹介より

LGBTを知る

本書は、性的マイリノティの総称のひとつとして使われる「LGBT」の基礎知識から、企業が社内外で取り組むべきことまで、丁寧に解説しています。事例も豊富で、いま知っておくべきことを網羅しています。著者はLGBTに関わるシンクタンク代表として、CSR領域からマーケティング領域まで幅広くサポートしています。企業の取り組みを交えて解説することで、具体的なイメージを持つことができます。LGBTの方の立場にたって、アクションがとれるようになります。会社で人事・労務の仕事をしている人はもちろん、マネジャーや一般の人まで、最低限知っておきたい内容を余すことなくカバーしています。

Amazon商品紹介より

同性愛(ゲイ・レズビアン)を知る6冊

ゲイだけど質問ある?

ソボクな疑問に答えます!恋の「短歌」とともに「LGBT」を知る!すぐそこにある『LGBT』が身近になる世の中への入門書!

Amazon商品紹介より

ボクの彼氏はどこにいる?

アイドルの女の子を好きなふりをしたり、気になる男子の名を寝言で呼んだらどうしようと修学旅行で眠れなかったり―著者がゲイであることに悩み、認め、周りにカミングアウトしていく、さわやかで感動を呼ぶ青春記。

honto商品紹介より

僕が夫に出会うまで

幼少期のいじめ、学生時代の初恋、失恋、抑えきれない嫉妬、そしてカミングアウト―。人知れず苦しみつづけたセーラームーン好きの少年は、それでも明るく前のめりに光を求め、幸せをつかんだ。その道のりは、誰もが共感しうる「愛と青春」に満ちている。

honto商品紹介より

百合のリアル

フランス人女性と結婚した著者による「女の子同士」のリアル。

この本は、レズビアンのためだけの本ではありません。同性愛者の自伝でもありません。男、女、オタク、優等生……さまざまな切り口で人を区分するのが当たり前とされるこの社会との、向き合い方を見つけるための本です。
10歳で女の子に初恋し、即失恋。男装したり、逆に男モテを目指したりと、12年間の葛藤の末、著者が見つけた答えとは?
本書では、基礎教養としてのジェンダーの話から、「モテ」の本質、女の子同士の愛し合い方、同性結婚の現在地までと、「性」を取り巻く社会のすべてが凝縮されています。
「レズビアン」というあり方を通して、「自分はどう生きるのか」を一緒に考えましょう。

Amazon商品紹介より

恋の相手は女の子

初恋は女の子。でも、教科書には「思春期には異性に関心をもつ」って書いてある。同性を好きになるわたしはまちがってる?誰にも悩みを打ち明けられなかった10代から、彼女との「新郎のいない」結婚パーティまで。自身の体験と、当事者のエピソードを交え、「多様性に寛容な社会」への思いを語る。

Amazon商品紹介より

同性愛と異性愛

日本は同性愛者に寛容というのは本当だろうか。なぜ「見えない」存在なのか。エイズ問題や公共施設の利用拒否事件、ある殺人事件などを題材にしながら、異性愛社会に染み付いたホモフォビア(同性愛嫌悪)の諸相を描き出す。また、同性愛者が肯定的に生きていくための取り組みも紹介。同性愛者から見た、もうひとつの日本社会論。

Amazon商品紹介より

同性愛(ゲイ・レズビアン)のマンガ7冊

しまなみ誰そ彼

クラスメイトに「ホモ動画」を観ていることを知られた、たすく。
自分の性指向…ゲイであると皆に知られたのではないかと怯え、自殺を考えていた彼の前に、「誰かさん」と呼ばれる謎めいた女性があらわれた。
彼女は、たすくを「談話室」へと誘う。
そこには、レズビアンである大地さんがいて…。

尾道を舞台に描かれる、性と生と青春の物語、第1集。

Amazon商品説明より

ぼくのはじめてゲイ婚活

「人生のパートナーに出会いたい」と、同性愛者向けパートナー紹介サービスに登録したゲイの飯田ヒロキは、“婚活”を始める。あらゆる男と出会いと別れを繰り返しながら、見つけたものは―。実録!ゲイ&腐オタな飯田ヒロキの同性婚活エッセイ。

Amazon商品紹介より

きのう何食べた?

鮭とごぼうの炊き込みごはん、いわしの梅煮、たけのことがんもとこんにゃくの煮物、栗ごはん、トマトとツナのぶっかけそうめん、鶏肉のオーブン焼き、ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み、いちごジャムetc.……

Amazon商品紹介より

※この本はゲイカップルの日常を描いているマンガです。

弟の夫

ゲイアートの巨匠、田亀源五郎、初の一般誌連載作品。弥一と夏菜、父娘二人暮らしの家に、マイクと名乗る男がカナダからやって来た。マイクは、弥一の双子の弟の結婚相手だった。「パパに双子の弟がいたの?」「男同士で結婚って出来るの?」。幼い夏菜は突如現れたカナダ人の“おじさん”に大興奮。弥一と、“弟の夫”マイクの物語が始まる――。

Amazon商品紹介より

ゲイバーのもちぎさん

【これは、弱いあたいが弱いまま
みんなのママになるまでのお話―――。】

母親からのDV、ゲイ風俗、パワハラ退社…。
すべてを経験したもちぎにしか描けない、
笑えて泣ける実録お仕事エッセイ!

Amazon商品紹介より

あさな君はノンケじゃない!

Twitterやピクシブエッセイで話題沸騰!
第2回ピクシブエッセイ新人賞受賞作品。

あさな君は、アパレル会社に勤めるごく普通のアラサー男子。
“世間一般”と違うのは、恋愛対象が同性であること―。

悩める10代の想い出、カミングアウト、プチ整形を受けた話など
アラサーゲイの穏やかでときどき奇妙な日常をポップに描く実録漫画。

Amazon商品紹介より

女の子同士で付き合ってます。

性別なんて関係ない、
だって手を繋いだらこんなにもドキドキするんだから――。
(本文より一部抜粋)

“恋愛対象=男性”から女性と付き合い始めた著者がつづる、
女の子同士のピュアなラブストーリー。
Instagramで約13万人がキュンとした2人のなれそめを完全収録。

Amazon商品紹介より

バイセクシュアルを知る1冊

LGBTのBです

LGBT(セクシュアル・マイノリティ)のBであるライター、きゅうりが思春期から就職まで、当事者として語れることをまとめた一冊。
いわゆる“普通”じゃなくても、悩まなくて大丈夫!
いわゆる“普通”になろうとしなくても大丈夫!
自分の性との向き合い方からカミングアウトまで、またカミングアウトをされた側はどう接すればいいかのヒントが著者の体験に散りばめられています。
LGBTの当事者、また家族や友人、職場など周りにLGBTがいる人にも読んで欲しい本です。

Amazon商品紹介より

トランスジェンダー・性同一性障害を知る5冊

性同一性障害って何?―一人一人の性のありようを大切にするために

戸籍上の性を変更することが認められる特例法が2004年から施行され、日本でも性同一性障害が社会的に認知されるようになった。しかし、いまだ誤解や偏見もあり、当事者をとりまく環境は厳しい。本書は性同一性障害とは何かを理解し、治療や性別変更の手順、また、現実社会で生活していくために、当事者やまわりはどうすればよいか、をQ&A形式でやさしく解説。入門書として定評の高いロングセラーに最新情報をプラスした増補改訂版。

Amazon商品紹介より

性同一性障害と戸籍

性同一性障害者の願いで戸籍上の性を変更することを認める特例法が、2004年から施行された。本書は、精神科医や弁護士などの専門家と当事者が「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」をやさしく解説、具体的な戸籍の性別変更手続き、戸籍変更後の問題、そして同法の問題点などをQ&Aで答える。増補改訂版では、2008年、2013年の特例法改正を踏まえ内容を刷新し、最新情報も加えた。

Amazon商品紹介より

性同一性障害の社会学

オチンチンがある子はなぜ男の子なのか?性同一性障害の当事者であり、研究者である著者が最新の研究成果をもとに“性別”をめぐるさまざまな問題を目からウロコの納得分析。最も分かりやすいトランスジェンダー学入門。

Amazon商品紹介より

トランスジェンダーの心理学

性同一性障害傾向をもつことに、遺伝と環境はどのような影響をおよぼすのか。ホルモン療法、性別適合手術、性役割、性的指向、他者からの受容、パッシング…これらは、トランスジェンダーの性同一性にどのような影響をあたえるのであろうか。3300組以上の双生児と、545名のトランスジェンダー当事者への調査を通じて、多様で流動的な性別のあり方がどのような発達メカニズムで起こり、どのように形成されていくのかを解明する。また男性にも女性にも規定されない性別(Xジェンダー)にも注目する。

Amazon商品紹介より

誰かの理想を生きられはしない

性同一性障害からトランスジェンダーへ、よく知られる呼び名が変わっても、この国は性同一性障害の基準でできている。語られなかった事実、報道されなかった出来事、そこにいたはずのたくさんの人々…。見えないようにされていたもの、見てこなかったものについて、真摯に、丁寧に、しぼりだすように紡ぎだされたトランスジェンダー史。今ある者たちへの「恩仇録」であり、そして、あとから生まれてくる者たちのための書である。

Amazon商品紹介より

トランスジェンダーの手術を知る6冊

性転師 「性転換ビジネス」に従事する日本人たち

性同一性障害の当事者に「早い・うまい・安い」のタイ・バンコクでの手術を斡旋、仲介する業者の面々。彼らはいったい何者なのか?なぜ、彼らは生まれたのか?性転換ビジネス陰の実力者「アテンド業」の実態に迫る迫真ルポ。

Amazon商品紹介より

性同一性障害 ―性転換の朝

身体は女なのに頭脳は男、またはその反対。胎児期の性決定メカニズムの狂いから生じる「性同一性障害」は人知れぬ心の傷を「彼」や「彼女」に与えてきた。その悩みを解消すべく立ち上がったのが、埼玉医大総合医科センターの特別チームだった。原科孝雄教授を中心とした医師団の手術を追いつつ、悩みを持つ多くの実例も検証し、「男」と「女」の原点のドキュメントがいまここにまとまった。これは、性の分かれ道に立ちつくす、すべての人びとに贈る性転換医療最前線からの希望に満ちた迫真のレポートである。

Amazon商品紹介より

生まれる性別をまちがえた!

元男で性同一性障害の作者・小西真冬が女性の身体になるために、性別適合手術を受けた実体験を描く! ありとあらゆる痛み・苦悩を赤裸々にポジティブに再現した、異色のエッセイ漫画が登場!

Amazon商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

生まれる性別をまちがえた!
タイで性別適合手術をするMTFが知っておきたいことタイでの性別適合手術を検討されていますか? 日本でするか、タイでするか、それぞれメリット・デメリットあって悩ましいですよね。 そんな方に読んでほしい本、『生まれる性別をまちがえた』をご紹介します。 特にタイでの手術をしたい方は必読ですよ!...

男になりタイ! 私の彼氏は元オンナ!

体は女、心は男のカイくんとレズビアンのサチコのカップルが性転換手術の為にタイへと渡ります!果たして手術は上手くいくの?2人の恋の行方は??

Amazon商品紹介より

さよならちんちん ウェルカムまんまん

体は男性、心は女性。しかもレズビアン。人生をリセットして、OLになるまでの実話―!!SNSで話題の作品「パッチワークま○こ よりぴchan!」が全ページ改稿、描き下ろしで書籍化!!

Amazon商品紹介より

僕が私になるために 

身体的にも法律的にも女性になるために、主人公・平沢ゆうなは性別適合手術(SRS)を受けにタイへと旅立つ。しかし、女性への道のりは想像していた以上に“痛かった”!! 性同一性障害(GID)当事者の作者が男性から女性になる過程を詳細に描いた実録エッセイ!

Amazon商品紹介より

トランスジェンダー(MTF)の体験談7冊

女の子って魔法だよね

「トランスジェンダーの人たちがごく自然に女性として生きていける社会にしたい」と公言、次代のロールモデルとして女優業のほか、俳優へのトランスジェンダー役指導、国内外に受講生を持つ「乙女塾」の運営でも才覚を発揮する西原さつき初の書籍。
「魔法の力」をテーマに、自らの“変身” “変化”を絵本、エッセイ&グラビア、特別対談と3つのパートでたどりつつ、魔法の力で手に入れたもの、成し遂げていきたいことにフォーカス。
自らの体験をもとに「女の子は誰だって魔法を持っている。だから、自分に魔法をかけてなりたい自分になっていいんだよ」と読者へのエールも込めた、“可愛い”“きれい”だけでなく前向き生きたい人の背中も押してくれる1冊。

Amazon商品紹介より

12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと

自殺・性転換・うつ・孤独―『日本の戦争は自殺だ』経営者、漫画家でもあるモカが壮絶な半生の後、無償でお悩み相談を始めた「貢献」の境地とは。

Amazon商品紹介より

総務部長はトランスジェンダー 父として、女として

その日、アラフィフ・妻子ありの総務部長は、社内一斉メールでカミングアウトした。「これからは女として生きていきます」家庭は?会社は?友人は?そのとき彼女が選んだ究極の二重生活とは?自分らしく生きたい人に勇気を与える告白的ノンフィクション!

Amazon商品紹介より

男に生まれて、女になって、結婚もできました。

ニューハーフの仕事、新宿二丁目の世界、性転換手術、戸籍変更、同級生との結婚、友人、そして家族のこと―性同一性障害を乗り越えたオネエ系主婦で大学講師の著者が赤裸々に語る自らの体験と“知られざる世界”。

Amazon商品紹介より

変えてゆく勇気-「性同一性障害」の私から

幼い頃から自分の身体に違和感をもっていた著者は、二七歳のとき「男性」として生きることをやめ、やがて「女性」として暮らすようになった。今、さまざまな困難を抱える人々の声を聴き、見過ごされがちな問題を可視化するために発言をつづける。誰もが自分らしくのびやかに暮らせる「寛容な社会」を創るための熱いメッセージ。 

Amazon商品紹介より

夢をあきらめないで 68歳で性別適合手術

大学教授で、身体の性と心の性の不一致に悩み続け、体と心の性分化のしかた、性的少数者に関する心理学・精神医学の文献などを読みあさってきた。性的少数者は環境から生まれるのではなく、持って生まれた資質によるという。そして、自らも心の性に従って生きることを決意した。

Amazon商品紹介より

オカマだけどOLやってます。

能町みね子、2×歳。都内の某会社でOLとして働き始めて3年、実はまだ「チン子」がついています。会社の人は誰もそのことを知りません…。オトコ時代について、恋愛のお話、ドキドキOL生活など、大人気脱力系イラストエッセイ本『オカマだけどOLやってます。』シリーズを再構成し、一冊にまとめた完全版。

honto商品紹介より

トランスジェンダー(FTM)の体験談6冊

元女子高生、パパになる

セーラー服を着ていた。30歳で死のうと思っていた。そんな僕に、こんな未来が訪れるなんて。父として、LGBTQムーブメントのリーダーとして―仕事、恋愛、家族など社会の「普通」を問い直すフミノの奮闘記。

Amazon商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

元女子高生、パパになる
ありのままに生きるには?『元女子高生、パパになる』 【deidei】 トランスジェンダーのdeideiが、LGBTに関する本を紹介するコーナー、始めました!今回紹介する本はコチラ! ...

ダブルハッピネス

生きてきた年数×365回以上、自分の裸を見ているけれど、いまだにこの体が自分のものだというのが信じられない。信じられないというよりも不思議といったほうがいいかもしれない。「女体の着ぐるみ」もしくは「女体スーツ」を身につけているとしか思えないのだ。他人の裸を見ているような感覚に陥ってしまう。いったい僕は何者なのか?鏡を見るたびに、鏡の向こうに映る僕に問いかける。「おまえは誰なんだ?」体は「女」だけど心は「男」の性同一性障害。辛さ、悲しみは2倍だけど、2倍楽しいフミノの青春。2004年度女子フェンシング日本代表の早大生がカミングアウト!性同一性障害の青春ストーリー。

Amazon商品紹介より

自分らしく生きる 性別違和を乗り越えて

性別違和をもって生まれた著者。
幼少期に感じた違和感、周りとの違いに気付き悩んだ思春期、「性同一性障害」を知り葛藤した学生時代から、
就職や結婚までを率直に綴った。
また、筆者が性別違和を乗り越える過程を親の視点で記した、筆者の母の手記も収録。

Amazon商品紹介より

オレは絶対にワタシじゃない

オレは男のはずなのに、なぜか女の体。おまけに女子校で、セーラー服姿の毎日。苦しすぎて、もう限界−。そんな悩めるトランス男子の軌跡と冒険の記録。一人ひとりが生きやすい社会の実現を熱く呼びかける渾身のメッセージ。

Amazon商品紹介より

トランスジェンダーの私がボクサーになるまで

男は、なぜ闘うのか?私は、何と闘うのか?ひとりのジャーナリストが身をもって経験した「男らしさ」の意味。

Amazon商品紹介より

性別不問。―「性同一性障害」という人生

女と呼ばれた男が、ついに女子更衣室にサヨナラを告げた。性同一性障害、33年の七転八倒、規格外人生発見までのエトセトラ感動記。

Amazon商品紹介より

家族をつくりたいトランスジェンダー(FTM)への2冊

パパは女子高生だった――女の子だったパパが最高裁で逆転勝訴してつかんだ家族のカタチ

家族は、四人。僕、妻、二人の子どもたちの四人家族だ。どこにでもいる、家族。ただひとつ。たったひとつだけ、違ったことといえば、女の子として生まれたということだった。「性別変更した夫を父親として認める」という画期的な決定を最高裁で手にした家族の物語。

Amazon商品紹介より

ちんちんのないお父さん

二十歳になって、戸籍を女から男にする。その夢を叶えたはずなのに、それはゴールではなかった。大切なことは「どう生きてきたか、どう生きていくのか」だった……。性同一性障害の悩みを抱えながらも、さまざまな難題をくぐり抜け、ひたむきに前を向いて歩いていく、真実の物語。本当に幸せな人生とはなにか、LGBTの方だけでなく、多くの方に読んでいただきたい一冊。

Amazon商品紹介より

トランスジェンダーのマンガ7冊

ボーイズ・ラン・ザ・ライオット

身体は女、心は男。自分の性別に悩む高校生の凌。2年生になり、スカートを強制されることに嫌気がさしていた頃、彼のクラスに派手な恰好をした留年生・迅が現れる。ヒゲを生やし、ピアスを空け、長い髪を一つに纏め、自由奔放に生きる姿は自分とは真逆そのもの。翌日、凌のもとにやってきた迅はこう言うのだった。「俺と一緒にブランドやんねェ!?」名もなき少年たちによる、革命を起こす服づくりが始まる!!

Amazon商品紹介より

遠田おと短編集 にくをはぐ

唯一の肉親の父と共に狩猟をしたい、身体は女性だが心は男性の千秋。だが女性としての幸せを願う父はそれを許さなかった。そんな中、父の余命が一年と知った千秋は…。愛する父に自分が理解されない性の苦悩を描いた表題作『にくをはぐ』ほか、5作収録の短編集。

Amazon商品紹介より

男になりたい!

2013年、一番感動できるコミックはこれだ!!
主人公のヒカルは、3人姉妹の末っ子。
でも、物心ついたときから、自分は男の子だと確信を持っていた。
しかし周囲の人々はそれを許してくれない。
結局ヒカルは、誰にも本当のことを言えないまま、「隠れ男の子」として生きるしかなかった。
そして迎えた大学時代。
ついにヒカルのすべてを受け入れてくれる友人が現れる。
さらに人生を賭した大恋愛の相手も登場。
仲間たちの後押しを受けて、ヒカルはついに、家族にカミングアウトすることを決意する──!
性同一性障害に悩んでいる人はもちろん、同性を好きになったことのある人、そのような友人や家族を持っている人にとって、とても大切な1冊になるはずです。

Amazon商品紹介より

うちのダンナがかわいすぎるっ! 元♀のイケメンと入籍しました!!

「なんとかなる」精神のヨメちゃん(ノンケ)としっかりものなダンナちゃん(元♀のイケメン)夫婦の出会いから入籍までの道のり。セクマイのリアル&おのろけたっぷりエッセイマンガ! 

Amazon商品紹介より

夫は実は女性でした

ある日、夫に告げられた。
「私、本当は女性なんです――」

大反響のコミックエッセイ!

配偶者がトランスジェンダーであることを知った著者(妻)が描く“ふうふ”2人の日々。

夫のカミングアウトにより、2人の関係は変わってゆくのか?
初めて知ること。見えた世の中。周囲の反応。そして、将来のこと……。
いろいろある毎日を、ユーモアあふれる視点で描き出す。
「ふつう」とは違うかもしれない。でも、どこかにいる、家族の話。

Amazon商品紹介より

花嫁は元男子。

嫁ちゃんと夫くんはとっても仲の良い夫婦。2人はごく普通の恋愛をし、ごく普通の結婚をしました。ただひとつ違っていたのは…、花嫁は「元男子」だったのです。「元男子」が「花嫁」になるまでを綴ったどたばたコミックエッセイ!

Amazon商品紹介より

男装女子と女装男子が結婚しました。

一見すると普通の夫婦。でも妻が男装、夫が女装で…。夫&妻とも性同一障害を持つ「逆転夫婦」の出会いと結婚を綴った実録コミックエッセイ。人気ブログを単行本化。

Amazon商品紹介より

Xジェンダーを知る4冊

ぼくは性別モラトリアム

女性であることに違和感を持ち、「男になりたいんだ!」と思い込んでいた。でもよく考えてみたら、手術をして性別を変えたいわけじゃないし、男性として彼女が欲しいわけでもない…。あれ?ぼくはLGBTなの?それとも?自分はいったい何者なのか。悩み考えた道のりを描いた実録漫画。

Amazon商品紹介より

Xジェンダーって何?―日本における多様な性のあり方

Amazon商品紹介より

コチラの記事でこの本を紹介しています!

Xジェンダーって何?
『Xジェンダーって何?』を読んでみた! 『Xジェンダーって何?』って本を見つけたんだけど、どんな内容なのかな...そもそもXジェンダーって言葉もよくわからないや... ...

Xジェンダーという生き方 男でも女でもない人の恋愛事情

完全な男性でもなく女性でもない?男性でもあり女性でもある?そんなわたしも恋はします。愛したいし、愛されたい。変なことでもなんでもない。性別にとらわれない本当の恋愛がここにあります。

Amazon商品紹介より

男であれず、女になれない

小学館ノンフィクション大賞紛糾の問題作!

体を変えたいと思った理由は、女性に近づくためじゃない。男性から遠ざかるため。むしろ、自分に近づくため−。性の不一致を自覚し、36才で男性器を摘出した著者が、自らの“性”を見つけ出すまでの半生を綴る。

honto商品紹介より

アセクシャルを知る1冊

見えない性的指向 アセクシュアルのすべて

100人に1人がアセクシュアルと言われています。この本は、そんな当事者のために、また友だちや家族やパートナーがアセクシュアルの人たちのために、さらにアセクシュアルを調べようとしている人たちのために、そして、アセクシュアルなんて存在しないとおもっている人たちのために、そう、全ての人のために書かれました。

Amazon商品紹介より

ポリアモリーを知る2冊

ポリアモリー 複数の愛を生きる

われわれは普段、“一対一”という恋愛スタイルを疑問に思わず生きている。だが、それは絶対的なものではないかもしれない。本気で複数のひとを愛するというライフスタイル「ポリアモリー(複数愛)」を生きるひとびとが増えているのだ―。不倫と浮気とも違う、“誠実”な愛のかたちを紹介する。

Amazon商品紹介より

わたし、恋人が2人います。~ポリアモリー(複数愛)という生き方~

不倫でも浮気でもない。好きな人をひとりに決められません。誠実で正直な複数恋愛ポリアモリーにいま注目が集まっています。「ポリアモリー」(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのこと。著者きのコさんは、男性Aさんと同棲しながら、別の恋人とも付き合っている30代の女性です。人気連載「cakes」の待望の書籍化。

Amazon商品紹介より

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。