FTMの体験談一覧

移行中のトイレってどうしてますか?

FTM トイレ 多目的トイレ

身体は女性なんだけど、男っぽい服を着るようになって、女性用トイレに入りづらくなった。
でも、まだパス度に自信がないから男性用トイレにも入りづらい…
みんなはどうしてるのかな?

 
性別移行中は、どちらのトイレにも入りづらいですよね。FTMである私もそうでした。
なので今回は多目的トイレばかりはいってた時の体験談を紹介します。

移行中のトイレの悩み

自分がFTMじゃないかと気づいてから、髪を短くしてみたり、メンズ服を着てみたり、低い声を出そうとしてみたり、
どうにか男性として見られないか試行錯誤してました。

そんな女性から男性への移行中にめちゃくちゃ困ったのがトイレです。

特に男性ホルモン注射もしていない未治療の時は、

ボーイッシュだから女性用トイレに入ると変な目で見られるし、

かといって、生理も止まってないからナプキンとかを捨てられないと困るし、

男性用トイレも入ったことがないから不安でした。

移行中は多目的トイレかコンビニのトイレに

男女どちらのトイレも入りづらかったこともあって、
移行中は多目的トイレやコンビニの性別で分けられていないトイレを使ってた

でも、それでも肩身の狭い思いをすることはある。

特に多目的トイレに入るのはものすごく気が引けてた。

だって、主に車いすの方などが入りやすいようにだったり、小さい子どもがいる方だったり、
みんなが使っている男女のトイレでは狭すぎて物理的に入れなかったりする人が使うものだと思ってたから。

自分はみんなが使ってる男女分かれたトイレに入りにくいし、入りたくなかったけど、 絶対に入れないわけじゃない。

それなのに多目的トイレに入ることに少し罪悪感を感じてたんじゃないかな。

実際に多目的トイレを使って外に出たときに、待ってた人にびっくりされたことがあった。

なんで普通に歩けて、ヘルプマークもつけてない若者が多目的トイレに入ってんだろうって思われたんじゃないかな...
(実際にどう思ってたのかはわからないけど)

やっぱり移行中のトイレは悩みが尽きないよね。

同じように悩んでいる人はどれくらいいるのか調べてみた

自分と同じFTMは、どのトイレを使ってるのか気になっていろいろと調べてみた。

トイレを作っているメーカーのTOTOがおこなった調査の中で、「外出先トイレでストレスを感じる理由」にめっちゃ共感。

自分と同じように悩んでいる方はいるんだね。

  • トイレに入る際の周囲の視線:約31%
  • トイレに入る際の周囲からの注意や指摘:約24%
  • 男女別トイレしかなく、選択に困ること:約21%

出典:「性的マイノリティのトイレ利用に関するアンケート調査」結果公表

個人的には、未治療・治療中・戸籍の性別まで変更済みのすべて含んでる調査なので、
未治療や治療中の方だけを対象にすると、ストレス・不満を感じている人の割合はもう少し多いんじゃないかと思う。

【だれでもトイレ】が広まってきてる

本当は、多目的トイレって、障害を持っている方などが利用しやすいように作られてはいるけど、『専用』でも『優先』でもない。

使っていい人いけない人を線引きしていない。

それでも使いにくいと感じるのは、だれでも使っていいものだっていう認識が浸透してないからじゃないかなと思う。

最近の動向を調べててみると、福島大学ではLGBTの学生支援の一環として、「だれでもトイレ」を学内18カ所に設置したみたい。

大阪の淀川区も、区役所の多目的トイレに「どなたでもご利用いただけます」って表示してるみたい。

福島大学や淀川区役所のような取り組みが広がって、トランスジェンダーに限らず、みんなが気持ちよくトイレを使えるようになってほしいな。

ABOUT ME
deidei
ひっそり埋没しながら暮らしているFTM(女→男に戸籍変更済み)です。 女性として地方で生活→就職のため都会へ→現在は、男性サラリーマン街道邁進中!(7年目) 環境を変えることで、少しずつ、自分らしく生きれるようになりました。 FTMとして生活する中で学んだことや自分自身の経験を、わかりやすく発信していきます。
関連記事